夏の季語

【夏の季語】筍

【夏の季語=初夏(5月)】

【ミニ解説】

竹の新芽を「筍」といいます。食用として筍か、その成長の早さを詠む場合が多いです。

「たかうな」「たかんな」は古名、「笋」は異体字、「竹の子」は江戸時代に広く使われた表記。


【筍(上五)】
たけのこや稚き時の絵のすさび 芭蕉
竹の子や児の歯ぐきの美しき 嵐雪
笋のうんぷてんぷの出所かな 一茶
筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴 
筍や雨粒ひとつふたつ百 藤田湘子
筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子
筍掘れば物音沈みゆく夕べ 小谷伸子
筍や悔い改めよ脱ぎ捨てよ 横須賀洋子
筍の茹で上がるまでひと眠り 鳴戸奈菜
たけのこに初めてあたる雨がある 中西ひろ美
筍に目玉を一つ与へけり 関悦史

【筍(中七)】
目黒なる筍飯も昔かな 高浜虚子
熾んなる日の筍に鶏つるむ 原石鼎
雨を聴く筍の皮剥きながら 安住敦
そそくさとバス降り筍おとしたる 有馬さざれ石
ざわざわのなか筍の出でにけり 南十二国

【筍(下五)】
をかしさや去来の墓と筍と 喜舟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】良夜
  2. 【冬の季語】火事
  3. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  4. 【春の季語】霞
  5. 【春の季語】屋根替
  6. 【春の季語】朧
  7. 【冬の季語】凩(木枯)
  8. 【秋の季語】天の川

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】左義長
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」桃のティアン
  3. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
  5. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」
  6. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
  7. 茅舎忌の猛暑ひきずり草田男忌 竹中宏【季語=草田男忌(夏)】
  8. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】
  9. 【春の季語】鴨引く
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月1日配信分】

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年2月分】
  2. 渡り鳥はるかなるとき光りけり 川口重美【季語=渡り鳥(秋)】
  3. 【第8回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:青木亮人さん)【前編】
  4. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 
  5. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】
  6. 【新年の季語】福寿草
  7. 【春の季語】遠足
  8. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】
  9. 【冬の季語】冬の蝶
  10. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
PAGE TOP