夏の季語

【夏の季語】筍

【夏の季語=初夏(5月)】

【ミニ解説】

竹の新芽を「筍」といいます。食用として筍か、その成長の早さを詠む場合が多いです。

「たかうな」「たかんな」は古名、「笋」は異体字、「竹の子」は江戸時代に広く使われた表記。


【筍(上五)】
たけのこや稚き時の絵のすさび 芭蕉
竹の子や児の歯ぐきの美しき 嵐雪
笋のうんぷてんぷの出所かな 一茶
筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴 
筍や雨粒ひとつふたつ百 藤田湘子
筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子
筍掘れば物音沈みゆく夕べ 小谷伸子
筍や悔い改めよ脱ぎ捨てよ 横須賀洋子
筍の茹で上がるまでひと眠り 鳴戸奈菜
たけのこに初めてあたる雨がある 中西ひろ美
筍に目玉を一つ与へけり 関悦史

【筍(中七)】
目黒なる筍飯も昔かな 高浜虚子
熾んなる日の筍に鶏つるむ 原石鼎
雨を聴く筍の皮剥きながら 安住敦
そそくさとバス降り筍おとしたる 有馬さざれ石
ざわざわのなか筍の出でにけり 南十二国

【筍(下五)】
をかしさや去来の墓と筍と 喜舟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】子猫
  2. 【春の季語】春の月
  3. 【新年の季語】人日
  4. 【夏の季語】蓮
  5. 【春の季語】黄水仙
  6. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
  7. 【冬の季語】梅早し
  8. 【秋の季語】馬鈴薯/馬鈴薯 ばれいしよ

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
  2. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】
  3. かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】
  4. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】
  5. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
  6. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  7. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  8. 去年今年詩累々とありにけり 竹下陶子【季語=去年今年(冬)】
  9. 【春の季語】春の月
  10. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜しむ

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  2. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】
  3. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  4. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  5. 【冬の季語】立冬
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第71回】 志摩と友岡子郷
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼汀
  8. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
  9. 天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】
  10. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】
PAGE TOP