季語・歳時記

【新年の季語】七日

新年の季語(1月)】七日

俳句で「七日」といえば、正月七日のことを指す。「なぬか」とも「なのか」とも。

一般的には1月7日までを「松の内」または「松七日」と呼ぶため、正月の終わりという位置付けもあるが、世間的にはすでに「仕事始」をしている日々になっている。学校は翌日から新学期になることが多い。

古来中国の伝統に沿って、七日は「人の日」または「人日」ともいわれ、「七草粥」を食べる風習がある。

旧暦の「正月七日」は、現在の二月ごろであるため「」も咲き始める時期であったが、現在の正月は「冬至」と「小寒」のあいだであり、寒い。


【七日(上五)】
七日はや煤によごれし軒雀 志摩芳次郎

【七日(中七)】
穂俵も七日事なき深みどり 竹原泉園
酒断つて七日の床をぬけいだす 石川桂郎

【七日(下五)】
今ここで死んでたまるか七日くる 山本有三
不機嫌に樫の突つ立つ七日かな 熊谷愛子
日のぬくみ欅にありて七日かな 永方裕子
山畑に火を放ちをる七日かな 大峯あきら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】成人の日
  2. 【冬の季語】冴ゆ・冴え
  3. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  4. 【冬の季語】毛糸編む
  5. 【新年の季語】雑煮
  6. 【冬の季語】熊穴に入る
  7. 【春の季語】鴨帰る
  8. 【冬の季語】冬の日

おすすめ記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(10)/小津夜景さん
  2. 【春の季語】卒業
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半
  4. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(9)/干場達矢さん
  6. 【新年の季語】初日記
  7. くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな 皿井旭川【季語=新酒(秋)】
  8. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】
  9. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  10. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(夏/秋)】

Pickup記事

  1. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第8回】鈴木てる緒
  3. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  4. 北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり 平川靖子【季語=北寄貝(冬)】 
  5. 尺蠖の己れの宙を疑はず 飯島晴子【季語=尺蠖(夏)】
  6. 【冬の季語】浮寝鳥
  7. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】
  9. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】
  10. 【秋の季語】秋の蝶
PAGE TOP