季語・歳時記

【新年の季語】松七日

新年の季語(1月)】松七日

【ミニ解説】

松の内」のこと。

正月」は、新しい年が始まった数日間のことを指しますが、そのなかでもとりわけ、1月1日から1月3日までを「三が日」、一般的には1月7日までを「松の内」または「松七日」と呼び分けます。「松の内」は、「門松」の立ててある期間でもあります。

松七日が過ぎると「松過」となります。


【松七日(上五)】
松七日杖の身に等身の影 宇多喜代子

【松七日(中七)】

【松七日(下五)】
濠端に宵の満月松七日 手塚美佐


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】数え日
  2. 【秋の季語】十六夜
  3. 【春の季語】鳥の妻恋
  4. 【夏の季語】百合
  5. 【冬の季語】豆撒
  6. 【秋の季語】西の虚子忌(西虚子忌)
  7. 【冬の季語】雪掻
  8. 【新年の季語】初厨

おすすめ記事

  1. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  2. 【夏の季語】涼しい
  3. 【冬の季語】逝く年(行く年)
  4. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  5. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#12
  7. 【冬の季語】蒲団(布団)
  8. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  10. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)】

Pickup記事

  1. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  2. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  3. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第25回】山崎祐子
  5. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】
  7. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】
  8. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
  9. 【冬の季語】夕霧忌
  10. 数と俳句(二)/小滝肇
PAGE TOP