季語・歳時記

【新年の季語】松七日

新年の季語(1月)】松七日

【ミニ解説】

松の内」のこと。

正月」は、新しい年が始まった数日間のことを指しますが、そのなかでもとりわけ、1月1日から1月3日までを「三が日」、一般的には1月7日までを「松の内」または「松七日」と呼び分けます。「松の内」は、「門松」の立ててある期間でもあります。

松七日が過ぎると「松過」となります。


【松七日(上五)】
松七日杖の身に等身の影 宇多喜代子

【松七日(中七)】

【松七日(下五)】
濠端に宵の満月松七日 手塚美佐


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】漱石忌
  2. 【冬の季語】豆撒
  3. 【春の季語】春の夜
  4. 【夏の季語】【秋の季語】原爆忌/広島忌 長崎忌
  5. 【夏の季語】水中花/酒中花
  6. 【秋の季語】十六夜
  7. 【冬の季語】冬眠
  8. 【冬の季語】小寒

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋刀魚
  2. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  3. 【冬の季語】鬼やらう
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  5. 寝そべつてゐる分高し秋の空 若杉朋哉【季語=秋の空(秋)】
  6. 【春の季語】海苔
  7. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  8. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  9. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  10. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲

Pickup記事

  1. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  2. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  3. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  4. 【夏の季語】入梅
  5. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】
  6. 【冬の季語】蓮枯る
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
  8. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】
  9. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  10. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
PAGE TOP