季語・歳時記

【秋の季語】天高し

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】天高し

【解説】秋の空気が澄むころ、すこーんと空が高く感じられること。

たまに「天高き」と形容詞として使われたり、「天高く」と副詞として使われることもある。


【天高し(上五)】
天高し深海の底は永久に闇 中野三允
天高しやがて電柱目に入り来 波多野爽波
天高し歩くと道が伸びるなり 池田澄子
天高しほがらほがらの伊勢うどん 奥坂まや
天高し男をおいてゆく女 山口明男
天高し風のかたちに牛の尿 鈴木牛後
天高し駝鳥はいつも脱走中 小林貴子
天高し海ある方となき方と 岩田由美
天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮

【天高し(中七)】
塔仰ぐたびに天高しと思ふ 鷹羽狩行

【天高し(下五)】
十字架を象嵌したる天高し(トラピスト修道院) 阿波野青畝
バンジヨーをからりと弾いて天高し 西村和子
金龍の尾の逆立ちて天高し 片山由美子
ペガサスの駈けて夜もまた天高し 牛田修嗣

【天高き】
天高きとき天高き国に来し 鷹羽狩行
天高きまま満月の空となる 岩田由美

【天高く】
天高く地に菊咲けり結婚す 野見山朱鳥 
天高くシンフォニー的身体ひとつ 夏石番矢
天高く事情聴取はつづきをり 櫂未知子
天高くみんなで道をまちがえる 火箱ひろ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】葱坊主
  2. 【冬の季語】毛糸玉
  3. 【秋の季語】天の川
  4. 【冬の季語】クリスマスカード
  5. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  6. 【冬の季語】節分
  7. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  8. 【夏の季語】扇風機

おすすめ記事

  1. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
  2. 【第20回】新しい短歌をさがして/服部崇
  3. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】
  4. 【本の紹介】仏の道は句に通ず──山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  5. 【夏の季語】ごきぶり
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【12】/飛鳥蘭(「銀漢」同人)
  7. 菊人形たましひのなき匂かな 渡辺水巴【季語=菊人形(秋)】
  8. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  9. 【秋の季語】鴨来る
  10. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】

Pickup記事

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第6回】
  2. 【冬の季語】浮寝鳥
  3. 【春の季語】黄水仙
  4. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】
  5. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】
  6. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  8. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】
  9. 【#26-2】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(2)
  10. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】
PAGE TOP