冬の季語

【冬の季語】探梅行

【冬の季語=晩冬(1月)】探梅行

春にならぬ内から「早梅」を探って(「梅林」ではなく)山家を歩き回ること。

シンプルに「探梅」とも。


【探梅行(上五)】
探梅行こころおぼえの橋わたり 北村仁子

【探梅行(中七)】
自動車の探梅行や杉田道 赤星水竹居

【探梅行(下五)】
浪しろき海をはるけく探梅行  軽部烏頭子
思はざる急流とあふ探梅行 能村登四郎
日の当る方へと外れて探梅行 鷹羽狩行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】蓮
  2. 【冬の季語】蕪
  3. 【夏の季語】紫陽花
  4. 【冬の季語】春隣
  5. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  6. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節
  7. 【冬の季語】小春
  8. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)

おすすめ記事

  1. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 
  2. 【秋の季語】十三夜
  3. 【秋の季語】花野/大花野
  4. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】
  5. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
  6. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】
  7. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子
  8. 【夏の季語】金魚
  9. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏
  10. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】

Pickup記事

  1. どれも椋鳥ごきげんよう文化祭 小川楓子【季語=椋鳥(秋)】
  2. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年1月分】
  4. 【春の季語】朧
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
  6. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  9. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
  10. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
PAGE TOP