冬の季語

【冬の季語】探梅行

【冬の季語=晩冬(1月)】探梅行

春にならぬ内から「早梅」を探って(「梅林」ではなく)山家を歩き回ること。

シンプルに「探梅」とも。


【探梅行(上五)】
探梅行こころおぼえの橋わたり 北村仁子

【探梅行(中七)】
自動車の探梅行や杉田道 赤星水竹居

【探梅行(下五)】
浪しろき海をはるけく探梅行  軽部烏頭子
思はざる急流とあふ探梅行 能村登四郎
日の当る方へと外れて探梅行 鷹羽狩行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春の野
  2. 【冬の季語】年忘れ
  3. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  4. 【春の季語】春雨
  5. 【春の季語】猫の子
  6. 【馬の俳句】
  7. 【冬の季語】冬木の芽
  8. 【冬の季語】雪掻

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
  2. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】
  3. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】
  4. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  5. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回
  6. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
  7. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  8. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  9. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年6 月分】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半
  2. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  3. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  4. 結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】
  5. 稲妻となつてお前を喜ばさう 竹岡一郎【季語=稲妻(秋)】
  6. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 
  7. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  8. 【冬の季語】寒い
  9. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  10. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3
PAGE TOP