冬の季語

【冬の季語】冬の滝

【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】冬の滝

【ミニ解説】

「滝」は、夏の季語。

冬季の滝は水量が少なくなって「枯滝」となるか、凍って「凍滝」となる。

冬滝」とも。

*漢字の表記としては、「滝」は常用漢字であり、 「瀧」は旧字体。

【参考】安岡 孝一「「滝」と「瀧」」(人名用漢字の新字旧字 第36回)


【冬の滝(上五)】
冬の滝丸太一本吐き出せる 小川原嘘帥
冬の滝見て来し冷を妻も曳く 神蔵器

【冬の滝(中七)】

【冬の滝(下五)】
七星の柄杓が落とす冬の滝 有馬朗人
一本の音にはなれず冬の滝 杉阪大和
玄水といふよりは白炎冬の滝 川又和子
けぶりゐて武器庫のごとき冬の滝 谷口智行
トローチのすつと消えすつと冬の滝 中嶋憲武


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】海の家
  2. 【春の季語】早春
  3. 【春の季語】雛人形
  4. 【春の季語】春の夢
  5. 【新年の季語】人日
  6. 【冬の季語】鮟鱇
  7. 【冬の季語】凩(木枯)
  8. 【秋の季語】秋の蝶

おすすめ記事

  1. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】
  2. 【秋の季語】曼珠沙華
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子
  4. 【冬の季語】冬の川
  5. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】
  6. 【春の季語】東風
  7. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  9. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【冬の季語=冬(冬)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子

Pickup記事

  1. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】
  2. さうらしく見えてだんだん鴉の巣 大畑善昭【季語=鴉の巣(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第85回】土肥あき子
  4. 【秋の季語】星月夜
  5. 猫じゃらし全部さわって二年生 小川弘子【季語=猫じゃらし(秋)】
  6. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  7. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友
  8. 火達磨となれる秋刀魚を裏返す 柴原保佳【季語=秋刀魚(秋)】
  9. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  10. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】
PAGE TOP