季語・歳時記

【春の季語】春塵

【春の季語=初春(2月)】春塵

春風」に舞い上がる砂や埃のこと。

「春埃」「春の塵」「砂あらし」などとも。


【春塵(上五)】
春塵や観世音寺の観世音 高野素十
春塵の耳を洗へば今日はるか 細川加賀
春塵や東京はわが死にどころ 鈴木真砂女
机上春塵 稿債 積読(つんどく) 嵩成すまま  伊丹三樹彦
春塵を積みザヴィエルの面の創 有馬朗人
春塵も国宝として拝しけり 鷹羽狩行
春塵やマクドナルドの黄なるM 岸本尚毅

【春塵(中七)】
ここに穴あり春塵のマンホール 佐藤鬼房
旅帰り先づ春塵の机拭く 稲畑汀子
先生やいま春塵に巻かれつつ 岸本尚毅
耳の奥まで春塵にまき込まれ 近恵

【春塵(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】蜘蛛
  2. 【夏の季語】涼し
  3. 【冬の季語】冬至
  4. 【新年の季語】どんど焼
  5. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  6. 【夏の季語】鮎
  7. 【春の季語】雛人形
  8. 【冬の季語】短日

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】寒し
  2. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
  3. 【新年の季語】三が日
  4. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
  5. 【春の季語】引鴨
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第66回】 秩父・長瀞と馬場移公子
  7. 花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】
  8. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】
  9. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  10. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】

Pickup記事

  1. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年7月分】
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【11】服部崇
  4. 【春の季語】雨水
  5. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  6. 【夏の季語】母の日
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  8. 薫風や今メンバー紹介のとこ 佐藤智子【季語=薫風(夏)】
  9. 【冬の季語】冬蝶
  10. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】
PAGE TOP