季語・歳時記

【春の季語】春塵

【春の季語=初春(2月)】春塵

春風」に舞い上がる砂や埃のこと。

「春埃」「春の塵」「砂あらし」などとも。


【春塵(上五)】
春塵や観世音寺の観世音 高野素十
春塵の耳を洗へば今日はるか 細川加賀
春塵や東京はわが死にどころ 鈴木真砂女
机上春塵 稿債 積読(つんどく) 嵩成すまま  伊丹三樹彦
春塵を積みザヴィエルの面の創 有馬朗人
春塵も国宝として拝しけり 鷹羽狩行
春塵やマクドナルドの黄なるM 岸本尚毅

【春塵(中七)】
ここに穴あり春塵のマンホール 佐藤鬼房
旅帰り先づ春塵の机拭く 稲畑汀子
先生やいま春塵に巻かれつつ 岸本尚毅
耳の奥まで春塵にまき込まれ 近恵

【春塵(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  2. 【春の季語】春の雨
  3. 【新年の季語】初詣
  4. 【夏の季語】草ロール
  5. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  6. 【春の季語】朧夜
  7. 【冬の季語】十二月
  8. 【冬の季語】マフラー

おすすめ記事

  1. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  2. 【新年の季語】左義長
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  4. 【夏の季語】泰山木の花
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第48回】松尾清隆
  7. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年11月分】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋
  10. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】

Pickup記事

  1. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  2. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  3. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  5. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  7. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
  8. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  9. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】
  10. 【新年の季語】読初
PAGE TOP