冬の季語

【冬の季語】春を待つ

【冬の季語=晩冬(1月)】春を待つ

暦の上では春は「立春」(2月4日ごろ)。

春の到来を待ち望むこころもちを表すのが「春待つ」という季語。

春を待つ」は、それを日常語に近づけたかたち。

関連する季語に「春近し」「春隣」「待春」など。


【春を待つ(上五)】
春を待つ商人犬を愛しけり 前田普羅
春を待つ心を正し処しにけり 星野立子
春を待つ醤そへたる氷魚飯 森 澄雄
春を待つ文を遣らねば文は来ず 上津原太希子
春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯
春を待つ空の下より空を見て 八田木枯
春を待ち流木に魚刻み込む 有馬朗人
春待つてをり父の句を口ずさみ 黛まどか
春を待つ大きな鳥のごとき指揮 西村麒麟

【春を待つ(中七)】
見ぬかたの花咲く春を待つ身かな 大魯
口あけて春を待つらん犬はりこ 一茶
鰭酒も春待つ月も琥珀色 水原秋櫻子
藤村は春を待ちつつ茶を説けり 相生垣瓜人
餅の黴落して春を待ちにけり 鈴木真砂女
羽もなく鰭もなく春待つてをり  藤井あかり

【春を待つ(下五)】
小説を草して独り春を待つ 正岡子規
一挙手も一投足も春を待つ 後藤夜半
柳条の雨のごときは春を待つ 富安風生
あすしらぬみむろのやまの春を待つ 高野素十
去るものは日々に疎しや春を待つ 高野素十
九十の端を忘れ春を待つ 阿部みどり女
鵜の宿の庭に鵜舟や春を待つ 荒川あつし
十王佛常の顔して春を待つ 佐藤鬼房
妄想を懷いて明日も春を待つ 佐藤鬼房
糸電話ほどの小さな春を待つ 佐藤鬼房
国分寺の石の遺跡も春を待つ 鷹羽狩行
なんとなく街がむらさき春を待つ 田中裕明


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】歌留多会
  2. 【夏の季語】水着
  3. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  4. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  5. 【冬の季語】ストーブ
  6. 【秋の季語】秋分の日
  7. 【夏の季語】向日葵
  8. 【冬の季語】早梅

おすすめ記事

  1. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【後編】
  2. 【冬の季語】梅早し
  3. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  4. 春宵や光り輝く菓子の塔 川端茅舎【季語=春宵(春)】
  5. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#14
  7. 【冬の季語】湯ざめ(湯冷め)
  8. 【夏の季語】噴水
  9. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  10. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」桃のティアン
  3. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳
  5. カルーセル一曲分の夏日陰  鳥井雪【季語=夏日陰(夏)】
  6. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
  7. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】
  8. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】
  9. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  10. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
PAGE TOP