季語・歳時記

【春の季語】雁帰る

【春の季語=晩春(4月)】雁帰る

「燕来る」とは入れ替わりに、冬を日本で過ごした雁が北のシベリアへと帰っていくこと。

七十二候のうち第十四候は、「鴻雁北」。4月9日~4月13日頃である。

帰る雁にちがふ雲路のつばくらめこまかにこれや書ける玉章   西行

のように、和歌の時代から詠まれてきた春の風物詩。

「雁」「雁渡る」は秋の季語である。


【雁帰る(上五)】
雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草

【雁帰る(中七)】
かなしめばけふ雁の帰るなり 今井杏太郎

【雁帰る(下五)】
光りしは雁の童子か雁帰る 山田みづえ
飯粒で封じる手紙雁帰る 有馬朗人
船室の枕ちひさし雁帰る 奥坂まや


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】葛切
  2. 【冬の季語】早梅
  3. 【春の季語】永き日
  4. 【秋の季語】台風(颱風)
  5. 【春の季語】シクラメン
  6. 【冬の季語】年忘れ
  7. 【夏の季語】父の日
  8. 【秋の季語】八月

おすすめ記事

  1. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  2. おなじ長さの過去と未来よ星月夜 中村加津彦【季語=星月夜 (秋)】
  3. 恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子【季語=紅葉(秋)】
  4. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】
  5. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】
  6. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  7. ゴルファーを一擲したる雷雨かな 鈴木油山【季語=雷雨(夏)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第103回】中島三紀
  9. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  10. 【秋の季語】芭蕉/芭蕉葉、芭蕉林

Pickup記事

  1. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】
  2. 【書評】仙田洋子 第4句集『はばたき』(角川書店、2019年)
  3. 【秋の季語】秋蝶
  4. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
  5. どの絵にも前のめりして秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
  7. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)】
  8. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】
  9. 【冬の季語】寒い
  10. 【春の季語】菜の花
PAGE TOP