季語・歳時記

【春の季語】雁帰る

【春の季語=晩春(4月)】雁帰る

「燕来る」とは入れ替わりに、冬を日本で過ごした雁が北のシベリアへと帰っていくこと。

七十二候のうち第十四候は、「鴻雁北」。4月9日~4月13日頃である。

帰る雁にちがふ雲路のつばくらめこまかにこれや書ける玉章   西行

のように、和歌の時代から詠まれてきた春の風物詩。

「雁」「雁渡る」は秋の季語である。


【雁帰る(上五)】
雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草

【雁帰る(中七)】
かなしめばけふ雁の帰るなり 今井杏太郎

【雁帰る(下五)】
光りしは雁の童子か雁帰る 山田みづえ
飯粒で封じる手紙雁帰る 有馬朗人
船室の枕ちひさし雁帰る 奥坂まや


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】凍蝶
  2. 【冬の季語】冬河原(冬川原)
  3. 【春の季語】大試験
  4. 【冬の季語】水仙
  5. 【新年の季語】獅子舞
  6. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  7. 【春の季語】花
  8. 【冬の季語】冬の日

おすすめ記事

  1. 地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子【季語=地吹雪(冬)】 
  2. 夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎【季語=蒲団(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第5回】月野ぽぽな
  4. 【春の季語】春の野
  5. 【冬の季語】鬼やらう
  6. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】
  7. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  9. ビーフストロガノフと言へた爽やかに 守屋明俊【季語=爽やか(秋)】
  10. 【連載】歳時記のトリセツ(8)/池田澄子さん

Pickup記事

  1. 【夏の季語】向日葵
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  3. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  4. 【冬の季語】室の花
  5. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たかし
  7. 数と俳句(三)/小滝肇
  8. 秋冷やチーズに皮膚のやうなもの 小野あらた【季語=秋冷(秋)】
  9. 【春の季語】春の灯
  10. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】
PAGE TOP