夏の季語

【夏の季語】涼し

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】涼し

温度や湿度が程よくて気持ちがいいこと。連体形は「涼しき」となる。

日常語に近づけた言い回しは「涼しい」(連体形も「涼しい」)。

夏の気温の高い時期であっても、木陰や水の近くは涼を感じることができる。

ただし、俳句において「爽やか」は秋の季語。

また、秋に入ってからの涼しさは「新涼」や「涼新た」などと呼び分ける。


【涼し(上五)】
無人島の天子とならば涼しかろ 夏目漱石
女涼し窓に腰かけ落ちもせず 高濱虚子
涼しやとおもひ涼しとおもひけり 後藤夜半
円涼し長方形も亦涼し 高野素十
行く涼し谷の向うの人も行く 原石鼎

【涼し(中七)】
水底を涼しき風のわたるなり 会津八一
ぬけおちて涼しき一羽千羽鶴 澁谷道
朝早く起きて涼しき橋ありぬ 今井杏太郎
わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷

【涼し(下五)】
もろもろの管抜き去つて死者涼し 河野美千代
間を空けて立つデルボーの人涼し 仁平勝
草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季
身支度は誰より早く旅涼し 阪西敦子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】人参
  2. 【夏の季語】玉虫
  3. 【秋の季語】秋気
  4. 【春の季語】霞
  5. 【冬の季語】聖夜
  6. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  7. 【秋の季語】銀漢
  8. 【新年の季語】成人の日

おすすめ記事

  1. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(13)/関悦史さん
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  4. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】
  5. 彫り了へし墓抱き起す猫柳 久保田哲子【季語=猫柳(春)】
  6. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】
  7. 【冬の季語】冬の谷
  8. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  9. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】
  10. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】

Pickup記事

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#01】「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと
  2. 【春の季語】初花
  3. 瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏 堀本裕樹【季語=瑠璃蜥蜴(夏)】
  4. 【春の季語】卒業歌
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第9回
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス
  7. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  8. 【冬の季語】咳
  9. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  10. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
PAGE TOP