夏の季語

【夏の季語】涼し

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】涼し

温度や湿度が程よくて気持ちがいいこと。連体形は「涼しき」となる。

日常語に近づけた言い回しは「涼しい」(連体形も「涼しい」)。

夏の気温の高い時期であっても、木陰や水の近くは涼を感じることができる。

ただし、俳句において「爽やか」は秋の季語。

また、秋に入ってからの涼しさは「新涼」や「涼新た」などと呼び分ける。


【涼し(上五)】
無人島の天子とならば涼しかろ 夏目漱石
女涼し窓に腰かけ落ちもせず 高濱虚子
涼しやとおもひ涼しとおもひけり 後藤夜半
円涼し長方形も亦涼し 高野素十
行く涼し谷の向うの人も行く 原石鼎

【涼し(中七)】
水底を涼しき風のわたるなり 会津八一
ぬけおちて涼しき一羽千羽鶴 澁谷道
朝早く起きて涼しき橋ありぬ 今井杏太郎
わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷

【涼し(下五)】
もろもろの管抜き去つて死者涼し 河野美千代
間を空けて立つデルボーの人涼し 仁平勝
草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  2. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
  3. 【春の季語】雛祭
  4. 【新年の季語】元旦
  5. 【秋の季語】良夜
  6. 【秋の季語】カンナ/花カンナ
  7. 【春の季語】啄木忌
  8. 【春の季語】冴返る

おすすめ記事

  1. 【春の季語】子猫
  2. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  4. 【イベントのご案内】第4回 本の作り手と読む読書会 ~漢詩の〈型〉を旅する夜~
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第39回】 青森・五所川原と成田千空
  6. わが知れる阿鼻叫喚や震災忌 京極杞陽【季語=震災忌(秋)】
  7. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  8. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】
  9. 【新年の季語】松納
  10. 【夏の季語】蜘蛛

Pickup記事

  1. 初春の船に届ける祝酒 中西夕紀【季語=初春(新年)】
  2. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  3. 春暁のカーテンひくと人たてり 久保ゐの吉【季語=春暁(春)】
  4. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  5. 最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら【季語=鯨(冬)】
  6. 【夏の季語】小満
  7. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  9. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【10】/辻本芙紗(「銀漢」同人)
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
PAGE TOP