冬の季語

【冬の季語】寒

【冬の季語=晩冬(1月)】寒

太陽暦の1月5日、6日ごろ、「小寒」から「大寒」をへて「節分」までの約30日間は、更に寒さが厳しくなるころなので、「寒」または「寒の内」と呼ばれる。「寒の内」の晴れた日は「寒晴」。雨の日は「寒の雨」。ほかにも「寒の水」「寒月」「寒雀」「寒紅」「寒肥」など寒にまつわる季語は多い。

「寒」が明けると「立春」になります。


【寒(上五)】
寒の日の肩ほこほこと打ち給ふ 川端茅舎
寒の日の今こそ我が背焼き給ふ 川端茅舎
寒の日の静かさ崖はこぼれつぎ 川端茅舎
寒の坂女に越され力抜け 岸田稚魚
寒の日のいくたび変る海の色 五所平之助

【寒(中七)】
ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城
わが庭の寒のたんぽぽ君に摘む 山口青邨
いのち一つ寒の瞳の中にあり 野澤節子
はららごをかなしむ寒の色として 石田勝彦
母すこやか寒の厨に味噌の樽 吉田汀史
陸沈み寒の漣ただ一度 齋藤愼爾

【寒(下五)】
われ起きてはじまるけふの寒きびし 山口波津女


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋めく
  2. 【秋の季語】秋分の日
  3. 【春の季語】黄水仙
  4. 【冬の季語】冬日
  5. 【冬の季語】大寒
  6. 【夏の季語】ソーダ水
  7. 【冬の季語】冬の薔薇
  8. 【冬の季語】縄跳

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  2. 【セクト・ポクリット読者限定】『神保町に銀漢亭があったころ』注文フォーム【送料無料】
  3. 【冬の季語】聖夜
  4. さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉【季語=桜(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー1】 網走と臼田亞浪
  6. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  7. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】
  8. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔
  10. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】

Pickup記事

  1. 秋鰺の青流すほど水をかけ 長谷川秋子【季語=秋鰺 (秋)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」鯛の塩釜焼き
  3. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)】
  4. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
  5. 【冬の季語】雪掻く
  6. 【第9回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:今井肖子さん・三宅やよいさん・土肥あき子さん)
  7. かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】
  8. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  9. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
  10. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】
PAGE TOP