冬の季語

【冬の季語】寒

【冬の季語=晩冬(1月)】寒

太陽暦の1月5日、6日ごろ、「小寒」から「大寒」をへて「節分」までの約30日間は、更に寒さが厳しくなるころなので、「寒」または「寒の内」と呼ばれる。「寒の内」の晴れた日は「寒晴」。雨の日は「寒の雨」。ほかにも「寒の水」「寒月」「寒雀」「寒紅」「寒肥」など寒にまつわる季語は多い。

「寒」が明けると「立春」になります。


【寒(上五)】
寒の日の肩ほこほこと打ち給ふ 川端茅舎
寒の日の今こそ我が背焼き給ふ 川端茅舎
寒の日の静かさ崖はこぼれつぎ 川端茅舎
寒の坂女に越され力抜け 岸田稚魚
寒の日のいくたび変る海の色 五所平之助

【寒(中七)】
ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城
わが庭の寒のたんぽぽ君に摘む 山口青邨
いのち一つ寒の瞳の中にあり 野澤節子
はららごをかなしむ寒の色として 石田勝彦
母すこやか寒の厨に味噌の樽 吉田汀史
陸沈み寒の漣ただ一度 齋藤愼爾

【寒(下五)】
われ起きてはじまるけふの寒きびし 山口波津女


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】雪
  2. 【春の季語】四月
  3. 【冬の季語】咳く
  4. 【秋の季語】星月夜
  5. 【春の季語】蝶
  6. 【秋の季語】カンナ/花カンナ
  7. 【冬の季語】嚏(嚔)
  8. 【冬の季語】冬野

おすすめ記事

  1. 古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
  2. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  4. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  5. 銀河系のとある酒場のヒヤシンス 橋 閒石【季語=ヒヤシンス(春)】
  6. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  7. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)
  8. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】
  9. 【春の季語】菜の花
  10. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】

Pickup記事

  1. 巡査つと来てラムネ瓶さかしまに 高濱虚子【季語=ラムネ(夏)】
  2. 夕飯よけふは昼寝をせぬままに 木村定生【季語=昼寝(夏)】
  3. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】
  4. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  5. 【春の季語】朧
  6. 命より一日大事冬日和 正木ゆう子【季語=冬日和(冬)】
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【1】/高部務(作家)
  8. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
  9. 「けふの難読俳句」【第7回】「半月」
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第9回】今井麦
PAGE TOP