冬の季語

【冬の季語】大寒

【冬の季語=晩冬(1月)】大寒

大寒(だいかん)は、冬の最後の二十四節気。

一年でいちばん寒さが厳しくなるころである。


【大寒(上五)】
大寒にまけじと老の起居かな 高濱虚子
大寒の埃の如く人死ぬる 高濱虚子
大寒や見舞にゆけば死んでをり 高濱虚子
大寒といふといへどもすめらみくに 高濱虚子
大寒や白々として京の町 桂木犀
大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太
大寒の街に無数の拳ゆく 西東三鬼
大寒の蜘蛛の一糸をひきしのみ 菖蒲あや
大寒に試みられてゐるとする 相生垣瓜人
大寒や水はうごいて湯となりぬ 八田木枯
大寒や一痕もなき穂高嶽 宮坂静生
大寒の深き茶碗に大服を 松浦宗克
大寒や万物に罅入るごとし 伊藤洋
大寒の光塵として糞まりぬ 渡辺誠一郎
大寒や人は柩を空に置く 五十嵐秀彦
大寒や言葉で幾何を解く男 五十嵐秀彦
大寒の骨壷あまくにほひけり 小澤實
大寒や兎は莱屑こぼしつづけ 加藤かな文
大寒や打ち返す音の速くなり 柏柳明子
大寒の残骸として飼育室 曾根毅
大寒の底に落ち合ふ峡の径  伊藤幹哲
大寒の背骨は小さき骨の群れ 小林鮎美

【大寒(中七)】
父の亡き大寒やただ透明に 相馬遷子
縄とびの子ら大寒の土を蹴る 横山茂子
閼伽桶へ汲む大寒の井戸の水 池田のりを

【大寒(下五)】
ああといひて吾を生みしか大寒に 矢島渚男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【馬の俳句】
  2. 【冬の季語】節分会
  3. 【冬の季語】節分
  4. 【春の季語】沙翁忌
  5. 【秋の季語】秋桜
  6. 【冬の季語】冬蟹
  7. 【冬の季語】毛糸編む
  8. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月25日配信分】
  2. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】
  3. 【冬の季語】枯蓮
  4. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】
  5. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第28回】草津と村越化石
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第2回】小滝肇
  8. 南天のはやくもつけし実のあまた 中川宋淵【季語=南天の実(冬)】
  9. 【秋の季語】芋虫
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼汀

Pickup記事

  1. 【春の季語】鳥の恋
  2. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第129回】朝妻力【最終回】
  4. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】
  5. 【特別寄稿】屋根裏バル鱗kokera/中村かりん
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第92回】行方克巳
  7. 【夏の季語】涼しさ
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年7月分】
  9. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  10. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
PAGE TOP