季語・歳時記

【秋の季語】九月

【秋の季語=仲秋(9月)】九月

残暑」も落ち着いて、そろそろ涼しくなってきてほしいころ。暑さ寒さも「彼岸」まで、とは言うものの、実際にはまだまだ暑い日がつづくこともある今日のこのごろ。「台風」がやってくることもあります。


【九月(上五)】
今朝九月月草樹みづから目覚め居て 中村草田男
九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太
九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子

【九月(中七)】
黒揚羽九月の樹間透きとほり 飯田龍太
父の頭が見えて九月の黍畑 宮田正和
いちじくも九月半ばの影つくる 桂信子
牛憂う九月の河へ尻を向け 金子兜太
永遠に下る九月の明るい坂 今井聖

【九月(下五)】
松の幹みな傾きて九月かな 桂信子
茶畠のひかり手強き九月かな 飯島晴子
陶枕のかたきを得たる九月かな 安住敦
魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯
脇腹に鶏を抱へてゆく九月 柿本多映
出奔の男にみえる九月の木 宇多喜代子
生國の魚こっそりと来る九月 宇多喜代子
物捨つることに始まる九月かな 中野智子
椋の木の蔭の明るき九月来る 西村和子
江ノ島のやや遠のける九月かな 中原道夫
さざなみのからだにおよび沼九月 鳴戸奈菜
貝がらの九月の雨を溜めてをり 黛まどか
革命を起こすに半端なる九月 櫂未知子
すれ違ひゆける客車の九月かな 山西雅子
一滴の水に映つてゐる九月 山岸由佳
吠える犬うんうんさうね九月の朝 小川楓子



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】節分
  2. 【秋の季語】西の虚子忌(西虚子忌)
  3. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  4. 【秋の季語】秋暑し
  5. 【冬の季語】待春
  6. 【春の季語】白魚
  7. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし
  8. 【夏の季語】薔薇

おすすめ記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【11】/吉田林檎(「知音」同人)
  2. 【夏の季語】夏木立
  3. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】
  4. 択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】
  5. 古池や芭蕉飛こむ水の音 仙厓【季語=芭蕉(秋)】
  6. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  7. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  8. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
  9. 【春の季語】春の雨
  10. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】

Pickup記事

  1. 美しきものに火種と蝶の息 宇佐美魚目【季語=蝶(春)】 
  2. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮
  3. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第112回】伊達浩之
  5. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之
  6. 【冬の季語】八手の花
  7. 凩の会場へ行く燕尾服  中田美子【季語=凩(冬)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第99回】川島秋葉男
  9. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  10. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】
PAGE TOP