季語・歳時記

【秋の季語】九月

【秋の季語=仲秋(9月)】九月

残暑」も落ち着いて、そろそろ涼しくなってきてほしいころ。暑さ寒さも「彼岸」まで、とは言うものの、実際にはまだまだ暑い日がつづくこともある今日のこのごろ。「台風」がやってくることもあります。


【九月(上五)】
今朝九月月草樹みづから目覚め居て 中村草田男
九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太
九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子

【九月(中七)】
黒揚羽九月の樹間透きとほり 飯田龍太
父の頭が見えて九月の黍畑 宮田正和
いちじくも九月半ばの影つくる 桂信子
牛憂う九月の河へ尻を向け 金子兜太
永遠に下る九月の明るい坂 今井聖

【九月(下五)】
松の幹みな傾きて九月かな 桂信子
茶畠のひかり手強き九月かな 飯島晴子
陶枕のかたきを得たる九月かな 安住敦
魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯
脇腹に鶏を抱へてゆく九月 柿本多映
出奔の男にみえる九月の木 宇多喜代子
生國の魚こっそりと来る九月 宇多喜代子
物捨つることに始まる九月かな 中野智子
椋の木の蔭の明るき九月来る 西村和子
江ノ島のやや遠のける九月かな 中原道夫
さざなみのからだにおよび沼九月 鳴戸奈菜
貝がらの九月の雨を溜めてをり 黛まどか
革命を起こすに半端なる九月 櫂未知子
すれ違ひゆける客車の九月かな 山西雅子
一滴の水に映つてゐる九月 山岸由佳
吠える犬うんうんさうね九月の朝 小川楓子



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】一月
  2. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  3. 【夏の季語】夏木立
  4. 【夏の季語】蛇
  5. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節
  6. 【新年の季語】小豆粥
  7. 【新年の季語】獅子頭
  8. 【冬の季語】ストーブ

おすすめ記事

  1. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
  2. 【冬の季語】年忘れ
  3. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第84回】飯田冬眞
  5. クローバーや後髪割る風となり 不破 博【季語=クローバー(春)】
  6. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
  7. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】
  8. 【冬の季語】冬木立
  9. 水鳥の夕日に染まるとき鳴けり 林原耒井【季語=水鳥(冬)】
  10. 早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔【季語=早乙女(夏)】

Pickup記事

  1. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】
  2. 【春の季語】春の雪
  3. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  4. 肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  5. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  6. 天籟を猫と聞き居る夜半の冬 佐藤春夫【季語=夜半の冬(冬)】
  7. 動かない方も温められている 芳賀博子
  8. 【春の季語】鷹鳩と化す
  9. べつたら市糀のつきし釣貰ふ 小林勇二【季語=べつたら市(秋)】
  10. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
PAGE TOP