ハイクノミカタ

魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯【季語=九月(秋)】


魚卵たべ九月些か悔いありぬ

八田木枯

RADWIMPSの「セプテンバーさん」tetoの「9月になること」を聴いて、九月は夏の延長なんだなと思ったことがある。あっという間に今年も残すところ三月だ。夏も終わり、その夏の延長の九月も終わって、いよいよ十月に入った。今年も早いな、もう終わるなというのは年末にも思うけれど、秋の少し肌寒くなり始めたこの頃にも思うことだ。

初読、「魚卵たべ/九月些か悔いありぬ」と、上五のあとに軽く切れて、魚卵を食べながら過ぎ去った九月に対して些かの悔いを抱いているというふうに読んだ。しかし、後々「魚卵たべ九月/些か悔いありぬ」というふうにも読めるなと思った。そうだとすれば、魚卵をたべながら九月であることを結構強く意識し、そこから悔いを強く感じているふうになるなとも思った。これは感慨に結構な違いが出るように思う。また、「魚卵たべ九月」に特別目を留めていると、九月の間に魚卵をよく食べたというふうにも思えてきて面白かった。魚卵の出回る時期を検索してみたところ、9月・10月から漁獲量がぐっと増えるようで、この頃が「魚卵」の旬なのかもしれない

「魚卵」という言い方は、この句の表現のフックになっている。もし即物的に具体的に書くなら、「いくら」とか「たらこ」とか「数の子」とか「とびこ」とか「キャビア」とかである。「魚卵」。あらためて目を留めると結構生々しいことばである。ぬめり感。グロテスクさ。この句の「悔い」は、やはり「魚卵」の語感とともにあるのだろう。「魚卵」が動くだの動かないだのという問いはナンセンスである。

(安里琉太)


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞



安里琉太のバックナンバー】
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅     森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  2. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】
  3. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  4. 芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々【季語=芹(春)】 
  5. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  6. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  7. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  8. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】小満
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#11
  3. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】
  4. 【冬の季語】凍る
  5. 【春の季語】雛飾(雛飾り)
  6. 【特別寄稿】屋根裏バル鱗kokera/中村かりん
  7. 【#22】鍛冶屋とセイウチ
  8. 自動車も水のひとつや秋の暮 攝津幸彦【季語=秋の暮(秋)】
  9. 【新年の季語】元日
  10. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】

Pickup記事

  1. 稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男【季語=稲光(秋)】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【2】/戸矢一斗(「銀漢」同人)
  3. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  4. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】
  5. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
  6. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】
  7. 【冬の季語】熊穴に入る
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  9. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 
  10. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
PAGE TOP