ハイクノミカタ

未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子【季語=未草(夏)】


未草ひらく跫音淡々と)

飯島晴子

 真昼間の静けさの中にひらく未草、そしてその近くを通る跫音。それらはほぼ同じ高さで、地面、水面を介してゆるく繋がっている。「淡々と」からは、草を踏んでゆく音の実際の淡さと、未草に関心もなく過ぎてゆく様とが感じられる。そして、この一句には、人間の目や耳の高さから描かれた雰囲気がない。未草や跫音の低さぎりぎりまで目と耳を近づけ、それらの微かなうごきを鋭敏に感じ取っている感じがする。そして「未草ひらく」という連続した一つの過程と、「跫音」という断続的なものとの対比が出てきて、奇妙な時間感覚を呼び起こす。未草がひらききり、跫音が聞こえなくなって再び、いつもの時間が流れ出すのである。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子
>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 寝そべつてゐる分高し秋の空 若杉朋哉【季語=秋の空(秋)】
  2. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】
  3. 黴くさし男やもめとなりてより 伊藤伊那男【季語=黴(夏)】
  4. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太
  5. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
  6. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】
  7. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  8. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】嫁が君
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第9回】今井麦
  3. 【春の季語】山桜
  4. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  5. 【春の季語】四月馬鹿
  6. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第64回】 富山と角川源義
  8. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  9. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳

Pickup記事

  1. 春の雁うすうす果てし旅の恋 小林康治【季語=春の雁(春)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月16日配信分】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月14日配信分】
  4. 【春の季語】初桜
  5. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  6. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  7. くれなゐの花には季なし枕もと 石川淳【無季】
  8. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  9. 【夏の季語】蝸牛
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年1月分】
PAGE TOP