ハイクノミカタ

未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子【季語=未草(夏)】


未草ひらく跫音淡々と)

飯島晴子

 真昼間の静けさの中にひらく未草、そしてその近くを通る跫音。それらはほぼ同じ高さで、地面、水面を介してゆるく繋がっている。「淡々と」からは、草を踏んでゆく音の実際の淡さと、未草に関心もなく過ぎてゆく様とが感じられる。そして、この一句には、人間の目や耳の高さから描かれた雰囲気がない。未草や跫音の低さぎりぎりまで目と耳を近づけ、それらの微かなうごきを鋭敏に感じ取っている感じがする。そして「未草ひらく」という連続した一つの過程と、「跫音」という断続的なものとの対比が出てきて、奇妙な時間感覚を呼び起こす。未草がひらききり、跫音が聞こえなくなって再び、いつもの時間が流れ出すのである。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子
>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. へたな字で書く瀞芋を農家売る 阿波野青畝【季語=山芋(秋)】
  2. 鵙の朝肋あはれにかき抱く 石田波郷【季語=鵙(秋)】
  3. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  4. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  5. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】
  6. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  7. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊…
  8. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】

おすすめ記事

  1. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)】
  2. 【春の季語】白魚
  3. 【冬の季語】兎
  4. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  5. 【冬の季語】クリスマス
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」パン・ペルデュ
  7. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】
  8. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  9. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇

Pickup記事

  1. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】
  2. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】
  3. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  5. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】
  6. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】
  7. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】
  8. 【夏の季語】筍
  9. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  10. 【新年の季語】門松
PAGE TOP