ハイクノミカタ

水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子【季語=金魚(夏)】


水面に閉ぢ込められてゐる金魚

茅根知子

 盛岡へ旅をした時、2日目の予定をきっちり決めず現地で相談した。るるぶを見ながら近くを適当に…と考えていたら息子が「龍泉洞」と断言。滞在地から自動車で約90分かかるので始めから選択肢に入れていなかったが、行きたいという強い希望を聞いたらもう他の地に行くことが考えられなくなった。大人はなんと発想が狭いのだろう(息子も成人しているが)。こうやって無意識のうちに本来出来ることを面倒だからとか大変だからと決めつけて手をつけてきていないことがたくさんあるのかもしれない。90分の移動も覚悟を決めてしまえばどうということはない。日本三大鍾乳洞の一つに訪れる機会を遠ざけていたのは自分の心ひとつなのであった。

  水面に閉ぢ込められてゐる金魚

 金魚は水槽や金魚鉢の中にいるものを観賞して楽しむ。その水槽も地べたに置いては背びれしか見えないのである程度の高さがあるところに置くことになる。見たいのは金魚の横顔であり、鱗なのだ。水槽では金魚の泳ぎぶりも見えるが、側面に水と空気の境界線がくっきりと描かれていて水面の高さもよくわかる。

 金魚たちは様々な深さを水平に泳ぎ、時折水面近くにも来る。しかし水面という境界線を越えることは決してない。飛び越えたところでまた水中に戻るだけのことだ。

 掲句はその水面をより強烈に、「閉ぢ込め」ていると平面として把握している。そう表現されると水面がビニールで覆われているようで、水槽をただ見ただけでは伝わってこない恐ろしさが立ち現れる。

 この金魚に自分の姿を重ねる読者は少なくないであろう。自由に生きているつもりでも天井は透明な何かに覆われている。そこから出て行ったら生きてはいけないし、出て行こうとも思わない。与えられた水の中で暮していくことが当然の世界。当事者の金魚にしてみたら幸も不幸もない。人間の尺度でいえば定期的に餌がもらえるだけ幸せなのかもしれない。「自由がなくて可哀想」という発想に到ることもある。かといって放流することが彼らにとって幸せであるとは限らない。自由って何?

 幸不幸はいる場所によって見え方や感じ方が大きく異なる。泳ぎもせず水槽を見て、ああでもないこうでもないと論ずるよりは、どう見られていようと与えられた世界の中で生きていく方が泳いでいるだけマシなのではないかと思ったりもする。金魚とそれを見ている人間では、どちらが幸せなのだろうか。

 この句集にはほかにも〈永遠に泳いで赤い金魚かな〉〈二丁目のどこにでもゐる金魚かな〉など金魚愛溢れる句が複数収められている。

『赤い金魚』(2021年刊)所収

吉田林檎


【執筆者プロフィール】
吉田林檎(よしだ・りんご)
昭和46年(1971)東京生まれ。平成20年(2008)に西村和子指導の「パラソル句会」に参加して俳句をはじめる。平成22年(2010)「知音」入会。平成25年(2013)「知音」同人、平成27年(2015)第3回星野立子賞新人賞受賞、平成28年(2016)第5回青炎賞(「知音」新人賞)を受賞。俳人協会会員。句集に『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)


歳時記のトリセツ 第15回/ゲスト:茅根知子さん


【吉田林檎さんの句集『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)はこちら ↓】



【吉田林檎のバックナンバー】

>>〔59〕腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治
>>〔58〕観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治
>>〔57〕ふところに四万六千日の風  深見けん二
>>〔56〕祭笛吹くとき男佳かりける   橋本多佳子
>>〔55〕昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美
>>〔54〕水中に風を起せる泉かな    小林貴子
>>〔53〕雷をおそれぬ者はおろかなり    良寛
>>〔52〕子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實
>>〔51〕紫陽花剪るなほ美しきものあらば剪る 津田清子
>>〔50〕青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ   河野南畦
>>〔49〕しばらくは箒目に蟻したがへり  本宮哲郎
>>〔48〕逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀
>>〔47〕春の言葉おぼえて体おもくなる  小田島渚
>>〔46〕つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子
>>〔45〕鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫
>>〔44〕まだ固き教科書めくる桜かな  黒澤麻生子
>>〔43〕後輩のデートに出会ふ四月馬鹿  杉原祐之
>>〔42〕春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一
>>〔41〕赤い椿白い椿と落ちにけり   河東碧梧桐
>>〔40〕結婚は夢の続きやひな祭り    夏目雅子
>>〔39〕ライターを囲ふ手のひら水温む  斉藤志歩
>>〔38〕薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋
>>〔37〕男衆の聲弾み雪囲ひ解く    入船亭扇辰
>>〔36〕春立つと拭ふ地球儀みづいろに  山口青邨
>>〔35〕あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎
>>〔34〕冬ざれや父の時計を巻き戻し   井越芳子
>>〔33〕皹といふいたさうな言葉かな   富安風生
>>〔32〕虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会  飴山實
>>〔31〕初島へ大つごもりの水脈を引く   星野椿
>>〔30〕禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ
>>〔29〕時雨るるや新幹線の長きかほ  津川絵理子
>>〔28〕冬ざれや石それぞれの面構へ   若井新一
>>〔27〕影ひとつくださいといふ雪女  恩田侑布子
>>〔26〕受賞者の一人マスクを外さざる  鶴岡加苗
>>〔25〕冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ  川崎展宏
>>〔24〕伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士
>>〔23〕菊人形たましひのなき匂かな   渡辺水巴
>>〔22〕つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠
>>〔21〕ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
>>〔20〕遅れ着く小さな駅や天の川    髙田正子
>>〔19〕秋淋し人の声音のサキソホン    杉本零
>>〔18〕颱風の去つて玄界灘の月   中村吉右衛門
>>〔17〕秋灯の街忘るまじ忘るらむ    髙柳克弘
>>〔16〕寝そべつてゐる分高し秋の空   若杉朋哉
>>〔15〕一燈を消し名月に対しけり      林翔
>>〔14〕向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一
>>〔13〕膝枕ちと汗ばみし残暑かな     桂米朝
>>〔12〕山頂に流星触れたのだろうか  清家由香里
>>〔11〕秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人

>>〔10〕卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
>>〔9〕なく声の大いなるかな汗疹の児  高濱虚子
>>〔8〕瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏    堀本裕樹
>>〔7〕してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二
>>〔6〕香水の一滴づつにかくも減る  山口波津女
>>〔5〕もち古りし夫婦の箸や冷奴  久保田万太郎
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】
  2. しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫【季語=真弓の実…
  3. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  4. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
  5. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  6. 数と俳句(一)/小滝肇
  7. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】
  8. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】

おすすめ記事

  1. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
  2. 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子【季語=夏みかん(夏)】
  3. 【秋の季語】秋分の日
  4. 【連載】俳人のホンダナ!#6 藤原暢子
  5. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  7. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  8. 叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第43回】浅川芳直
  10. 【新年の季語】獅子舞

Pickup記事

  1. 【書評】『シリーズ自句自解Ⅱベスト100 大牧広』(ふらんす堂、2017年)
  2. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】
  3. 春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一【季語=春の夜(春)】
  4. 兎の目よりもムンクの嫉妬の目 森田智子【季語=兎(冬)】
  5. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
  6. 【夏の季語】小満
  7. 【冬の季語】豆撒く
  8. 【夏の季語】梅雨入
  9. 厚餡割ればシクと音して雲の峰 中村草田男【季語=雲の峰(夏)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年7月分】
PAGE TOP