ハイクノミカタ

青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】


青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ)

河野南畦

「青葉冷え」は出会った時から気になっていたものの使ったことがない季語である。個人的な理由としては、音が面白すぎるのだ。「ばび」が強い。「あおばびえ」は筆者にとってはほぼジンバブエであり、バオバブなのである。おなじバ行の音でもバブルは違う。ジンバブエは5文字で3~4文字目がバ行という大いなる共通点がある。バオバブは字足らずであるが、「バブ」の後に休符をいれればほぼ「あおばびえ」であり「ジンバブエ」なのだ。その理論でいくと3文字しかない「バブル」はバ行界のなかではかなり遠い存在なのである。

「ばび」の音の面白さに耐えられず「若葉寒」と詠みたくなるのだが、実際「青葉冷えだなあ」と思うことより「若葉寒だなあ」と感じることの方が断然多い。例句も「若葉寒」の方が多いのだが、皆同じことを感じているのだろうか?

 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ

 夏も深まった青葉の頃に降る雨に山中も冷えている。掘り起こされた壺がこれまで溜め込んできた冷たい空気を吐き出したかのようだ。温度(上五)と気候(下五)、近い存在であるが出土の壺が介在することによって具体性と不可思議が追加されて一気に面白い仕上がりとなった。雨を呼ぶ連想から卑弥呼が愛用していた壺かもしれないと思いたくなる。

 上五は「あおば『ひ』え」と読みたくなるが、「あおば/ひえ」と「冷え」を動詞的にとらえると青葉が冷えたから当然の結果よくある現象として山雨を呼んだような理屈っぽさが出る。「あおば『び』え」とひとまとまりの名詞と捉えると上五が独立して切れが強くなるので上五と下五の因果関係が薄くなり、出土の壺が山雨を呼ぶという超常的現象(幻想と呼ぶべき?)がよりクローズアップされる。ここは歳時記通り「あおばびえ」と読むべきであろう。

 若葉は初夏の季語で新緑だが青葉は三夏(初夏、仲夏、晩夏いつでもOK)の季語で緑がより深い。「青葉冷え」に比べて「若葉寒」の例句が多いのは実際若葉の頃の方が寒さを感じる気象になることが多いからであろう。それに対して「青葉冷え」は季節が進んでからのことなのであまり出会う機会がない。「寒」は前の季節から継続している感じがするが「冷え」は一度暑くなったものが低温に戻るニュアンスがある。青葉の頃から季節を大きく戻すには出土の壺のような未知への扉を開くボタンが必要なのだ。

 「青葉冷え」があまり詠まれてこなかったのは音の問題ではなくもっと実感に即したものであったことがわかり、謎の安心感を得たのであった。

 「新編 俳句歳時記 夏」(草間時彦編・1978年講談社刊)より。

吉田林檎


【執筆者プロフィール】
吉田林檎(よしだ・りんご)
昭和46年(1971)東京生まれ。平成20年(2008)に西村和子指導の「パラソル句会」に参加して俳句をはじめる。平成22年(2010)「知音」入会。平成25年(2013)「知音」同人、平成27年(2015)第3回星野立子賞新人賞受賞、平成28年(2016)第5回青炎賞(「知音」新人賞)を受賞。俳人協会会員。句集に『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)


【吉田林檎さんの句集『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)はこちら ↓】



【吉田林檎のバックナンバー】

>>〔49〕しばらくは箒目に蟻したがへり  本宮哲郎
>>〔48〕逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀
>>〔47〕春の言葉おぼえて体おもくなる  小田島渚
>>〔46〕つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子
>>〔45〕鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫
>>〔44〕まだ固き教科書めくる桜かな  黒澤麻生子
>>〔43〕後輩のデートに出会ふ四月馬鹿  杉原祐之
>>〔42〕春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一
>>〔41〕赤い椿白い椿と落ちにけり   河東碧梧桐
>>〔40〕結婚は夢の続きやひな祭り    夏目雅子
>>〔39〕ライターを囲ふ手のひら水温む  斉藤志歩
>>〔38〕薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋
>>〔37〕男衆の聲弾み雪囲ひ解く    入船亭扇辰
>>〔36〕春立つと拭ふ地球儀みづいろに  山口青邨
>>〔35〕あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎
>>〔34〕冬ざれや父の時計を巻き戻し   井越芳子
>>〔33〕皹といふいたさうな言葉かな   富安風生
>>〔32〕虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会  飴山實
>>〔31〕初島へ大つごもりの水脈を引く   星野椿
>>〔30〕禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ
>>〔29〕時雨るるや新幹線の長きかほ  津川絵理子
>>〔28〕冬ざれや石それぞれの面構へ   若井新一
>>〔27〕影ひとつくださいといふ雪女  恩田侑布子
>>〔26〕受賞者の一人マスクを外さざる  鶴岡加苗
>>〔25〕冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ  川崎展宏
>>〔24〕伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士
>>〔23〕菊人形たましひのなき匂かな   渡辺水巴
>>〔22〕つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠
>>〔21〕ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
>>〔20〕遅れ着く小さな駅や天の川    髙田正子
>>〔19〕秋淋し人の声音のサキソホン    杉本零
>>〔18〕颱風の去つて玄界灘の月   中村吉右衛門
>>〔17〕秋灯の街忘るまじ忘るらむ    髙柳克弘
>>〔16〕寝そべつてゐる分高し秋の空   若杉朋哉
>>〔15〕一燈を消し名月に対しけり      林翔
>>〔14〕向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一
>>〔13〕膝枕ちと汗ばみし残暑かな     桂米朝
>>〔12〕山頂に流星触れたのだろうか  清家由香里
>>〔11〕秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人

>>〔10〕卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
>>〔9〕なく声の大いなるかな汗疹の児  高濱虚子
>>〔8〕瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏    堀本裕樹
>>〔7〕してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二
>>〔6〕香水の一滴づつにかくも減る  山口波津女
>>〔5〕もち古りし夫婦の箸や冷奴  久保田万太郎
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. いつせいに振り向かれたり曼珠沙華 柏柳明子【季語=曼珠沙華(秋)…
  2. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  3. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  4. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(…
  5. トローチのすつと消えすつと冬の滝 中嶋憲武【季語=冬の…
  6. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】
  7. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
  8. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】嚏(嚔)
  2. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】
  3. こんな本が出た【2021年4月刊行分】
  4. パンクスに両親のゐる春炬燵 五十嵐筝曲【季語=春炬燵(春)】
  5. 鳥を見るただそれだけの超曜日 川合大祐
  6. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】
  7. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  8. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  9. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  10. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】初夏(はつなつ)
  2. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  3. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場 キャンプファイヤー バーベキュー
  4. 【秋の季語】鴨渡る
  5. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
  6. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】
  8. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【2020年→2021年】
  9. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  10. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
PAGE TOP