ハイクノミカタ

筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】


筍にくらき畳の敷かれあり)

飯島晴子

 本意にどっぷり浸かりながらも、本意に抵抗する矛盾そのものが俳句形式ではないかという晴子の考えは以前も紹介した。筍も畳も本意をたっぷり含んだ言葉である。晴子に竹や筍の句、畳の句は少なくなく、身に馴染む言葉であったと思う。掲句から、その抵抗の方法を一つ見てみたい。

 この句では筍「に」という曖昧な表現を以て、筍と畳の位置関係をさだめずにおいている。すぐに思い浮かぶのは、「座敷から、裏の竹林の筍を眺める」くらいの距離感である。畳に筍がなんとなくぼんやり映るような印象を持つ。これはこれで美しいが、これではとてもではないが本意に抵抗しているとは言い難い。

 「敷かれあり」をしっかり消化すると、筍の下まで畳がするすると敷かれてゆき、竹林の床が畳になるような感じが出てくる。筍も畳も古くて大きな言葉であるし、おまけに色調や手触りもなんとなく似ている。この二つのもの、いやこの二つの言葉を、互いを打ち消しあうぎりぎりのところまで近寄せたのが掲句ではないだろうか。その摩擦からうまれる熱、こわしあう寸前の緊張感が掲句の魅力であり、晴子の俳句の一方法であると思われる。

 さてしかし。晴子はこうも述べている。「京都近辺の竹藪は、よい筍をとるために手入れされているせいもあってか、関東の竹藪とは趣きが違う。関東で竹藪が特に美しいと思ったことはないが、関西へ行くと竹藪が美しいと思う」と。それを考慮すると、掲句には、丹精に整った西の竹林のみならず、荒々しい東の竹林のイメージも含んでいるとも思われる。そうすると、畳は一気に竹林から遠ざかるような気もするし、一気に山奥の荒々しい竹林へ広がってゆく気もする。一つ一つの言葉という単位で、本意以外のイメージを重ねると面白いのは、やはり晴子作品が、本意の側から本意に抵抗することを旨としているからだろう。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】
  2. 多国籍香水六時六本木 佐川盟子【季語=香水(夏)】
  3. 品川はみな鳥のような人たち 小野裕三
  4. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】
  5. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】
  6. 福笹につけてもらひし何やかや 高濱年尾【季語=福笹(冬)】
  7. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】
  8. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】

おすすめ記事

  1. この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子【季語=クリスマス(冬)】
  2. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂
  3. へたな字で書く瀞芋を農家売る 阿波野青畝【季語=山芋(秋)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年11月分】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
  6. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  7. ゆげむりの中の御慶の気軽さよ 阿波野青畝【季語=御慶(新年)】
  8. 【#30】公園の猫たちと竹内栖鳳の「班猫」
  9. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  10. 【春の季語】猫柳

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年2月分】
  3. 【新年の季語】初夢
  4. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  5. 【夏の季語】花火
  6. 姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ 宇多喜代子【季語=夏木(夏)】
  7. 初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希【季語=初夢(新年)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  9. 【新年の季語】嫁が君
  10. 【#36】ベトナムの5 dong ke(ナム・ヨン・ケー)と出会った時の話
PAGE TOP