ハイクノミカタ

鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】


に蔵をつめたくしておかむ)

飯島晴子

当然「に」がポイントとなるわけである。鶯のために、というニュアンスが一番すんなりと受け入れられそうだが、蔵をつめたくすることがどのように鶯のためになるのかということを考えたい。どうも、俳句は「曖昧さを楽しむ」というような読み方がされがちなのだが、多義でもよいからしっかり解釈を試みなければ、句を読んだことにはならないだろう。この句の場合、最初に浮かぶのは鶯が蔵の中に入ってくるので、気に召すように冷たくするということである。

次に、鶯が声を響かせるのに最適な冷たい空間を用意するという読みが浮かぶ。鶯の本意からすればむしろ後者の方に重心があるかもしれない。また、春子は鶯に「寒色の方に寄った引き緊まったイメージ」を持つというが、この句は、春の鶯をそのイメージへと引き寄せる操作のようにもおもわれる。 掲句でもう一つ重要なのは「おかむ」である。事前に準備しておこうという気持ちは然ることながら、一旦準備を済ませたら立ち去り、あとは鶯に好きにその冷たさを利用してもらおうというニュアンスが微量感じられないだろうか。

以前、晴子にとって鶯は身近な存在であってはいけないと書いたが、この句でもまた、自分がその場からいなくなることで、鶯に存分に鶯らしく振る舞ってもらおうという、一種の敬意を払っているようではないだろうか。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔47〕紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子
>>〔46〕辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子
>>〔45〕白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子
>>〔44〕雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子
>>〔43〕髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子
>>〔42〕ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子
>>〔41〕人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子
>>〔40〕年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子
>>〔39〕白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子
>>〔38〕新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子
>>〔37〕狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子
>>〔36〕気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子
>>〔35〕蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子
>>〔34〕みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子
>>〔33〕冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子
>>〔32〕小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子
>>〔31〕鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子
>>〔30〕鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
>>〔29〕秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
>>〔28〕ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】
  2. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】
  3. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】
  4. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  5. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】
  6. 鳥を見るただそれだけの超曜日 川合大祐
  7. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】
  8. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】

おすすめ記事

  1. 瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏 堀本裕樹【季語=瑠璃蜥蜴(夏)】
  2. 【冬の季語】冬眠
  3. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】
  4. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  5. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女
  6. 毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(春)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦
  8. 【秋の季語】秋気
  9. 【冬の季語】節分
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】サングラス
  2. 【冬の季語】マスク
  3. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  4. 春満月そは大いなる糖衣錠 金子敦【季語=春満月(春)】
  5. 【秋の季語】吾亦紅
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
  7. 卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】
  8. 【秋の季語】虫籠/むしご
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  10. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
PAGE TOP