ハイクノミカタ

みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子【季語=冬瀧(冬)】


みどり児のゐて冬瀧の見える家)

飯島晴子

 掲句は晴子中期とも言える『八頭』所収であるが、第一句集『蕨手』には〈泉辺の家消えさうな子を産んで〉という句もある。〈泉辺の〉は、顔や手足の仔細がほとんどわからない、光のような子を思わされるが、掲句は、「ゐて」というくらいの、輪郭のあるしっかりとしたみどり児を思わされる。それはもちろん「消えさう」と「ゐて」の違いもあるだろうが、「泉」の淡さと「冬瀧」の厳しさの対比という面もあると思う。「泉」と同化するような淡い存在と、「冬瀧」と対峙するような強い存在。そしてこの違いは、晴子の俳句そのものの変化、すなわち境界の曖昧な多神的な初期の句から、きっぱりとした晩期への変化と重ねても案外的外れではないのではないか。

 一方で、どちらも「家」が一句の焦点となっている。「家」には、小さな子供を囲う大きな建築物という物理的な側面もあるし、家庭、さらに言えば家族、家族史という精神的な側面もあるだろう。大規模な時空間の中の子供の存在の小ささを意識させる。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔33〕冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子
>>〔32〕小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子
>>〔31〕鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子
>>〔30〕鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
>>〔29〕秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
>>〔28〕ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】
  2. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】…
  3. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】
  4. 火達磨となれる秋刀魚を裏返す 柴原保佳【季語=秋刀魚(秋)】
  5. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
  6. 夏場所の終はるころ家建つらしい 堀下翔【季語=夏場所(夏)】
  7. をどり字のごとく連れ立ち俳の秋 井口時男【季語=秋(秋)】
  8. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】

おすすめ記事

  1. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】
  2. 無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬【季語=苗木市(春)】
  3. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  4. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  5. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  6. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第3回】
  7. 【連載】新しい短歌をさがして【10】服部崇
  8. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  9. 古池や芭蕉飛こむ水の音 仙厓【季語=芭蕉(秋)】
  10. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】春の泥
  2. あかさたなはまやらわをん梅ひらく 西原天気【季語=梅(春)】
  3. 【連載】俳人のホンダナ!#7 矢野玲奈
  4. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】
  5. 赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂【季語=昼寝(夏)】
  6. 「けふの難読俳句」【第4回】「毳」
  7. 聞えない耳なら石榴ぶらさげよ 金原まさ子【季語=石榴(秋)】
  8. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  9. 戸隠の山より風邪の神の来る 今井杏太郎【季語=風邪(冬)】
  10. 【秋の季語】九月
PAGE TOP