ハイクノミカタ

白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】


白萩を押してゆく身のぬくさかな)

飯島晴子

 両側から萩が、「押してゆく」だけの量感をもってせりだしてくる狭い道。それは温度感覚で言えばつめたくもあたたかくもないだろうが、強いて言えば包まれている感じはあるかもしれない。この「ぬくさ」は、むしろ身体の内部から湧き上がるものだと思う。歩いてゆくために必要なエネルギー、そして懐かしさのような感覚。「白萩」のやわらかさ、「押してゆく」の強さ、そして再び「ぬくさ」へ。混沌とした良い句だと思う。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(…
  2. 追ふ蝶と追はれる蝶の入れ替はる 岡田由季【季語=蝶(春)】
  3. 晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ 篠田悌二郎【季語=躑躅(春)】
  4. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  5. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】
  6. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月…
  7. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  8. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春…

おすすめ記事

  1. 少女期は何かたべ萩を素通りに 富安風生【季語=萩(秋)】
  2. 幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子【季語=春泥(春)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第28回】草津と村越化石
  4. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】
  5. 潜り際毬と見えたり鳰 中田剛【季語=鳰(冬)】 
  6. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第97回】岸田祐子
  8. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  9. 【春の季語】初音
  10. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】

Pickup記事

  1. 霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤楸邨【季語=霜夜(冬)】
  2. 海底に足跡のあるいい天気 『誹風柳多留』
  3. 草田男やよもだ志向もところてん 村上護【季語=ところてん(夏)】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年10月分】
  5. 【秋の季語】林檎
  6. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#4】
  7. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第85回】土肥あき子
  9. 【#44】写真の不思議
  10. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタインデー(春)】
PAGE TOP