ハイクノミカタ

葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】


葛の花こぼれやすくて親匿され)

飯島晴子

 掲句からただちに想像するのは、無数の葛の花が散るうしろに蹲る老いた男女である。葛の花が「こぼれやす」いと言われれば、紫の壁、それもかなりの量感がありつつかすかに隙間のある壁を思う。うしろにいる親を見せるくらいの隙間。その親は、散る花のみならず、鬱蒼とした葛の蔓と葉の暗闇の中にしゃがんでいるのである。

 この句で面白いのは「て」にこもる叙情である。葛の花がこぼれやすい「からこそ」親が匿されるというニュアンスが感じられる。つまり、親が匿されていることにある種の安心感を覚え、葛の花に対して恩を感じてさえいるように思える。ではなぜ、と思えば、親が他人に見せられないほど醜いからとか恥ずかしいからとか、あるいは親には厳しい外界からはもう離れて、静かに平和に時を過ごしてほしいからとか、色々と候補が挙がる。後者の方が好もしいが、晴子のドライさから言えば前者もありだと思う。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり 平川靖子【季語=北寄貝(冬)】 
  2. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  3. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  4. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  5. 遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子【無季】
  6. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】
  7. 変身のさなかの蝶の目のかわき 宮崎大地【季語=蝶(春)】
  8. 秋の風互に人を怖れけり 永田青嵐【季語=秋の風(秋)】

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年4月分】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年2月分】
  3. 【冬の季語】火事
  4. 蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  6. 【秋の季語】秋暑し
  7. 【第10回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:西生ゆかりさん)
  8. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  10. 【冬の季語】聖夜

Pickup記事

  1. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】
  2. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  3. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【19】/鈴木淳子(「銀漢」同人)
  5. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  6. 【冬の季語】忘年
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石
  8. 【冬の季語】冬蝶
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  10. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
PAGE TOP