ハイクノミカタ

葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】


葛の花こぼれやすくて親匿され)

飯島晴子

 掲句からただちに想像するのは、無数の葛の花が散るうしろに蹲る老いた男女である。葛の花が「こぼれやす」いと言われれば、紫の壁、それもかなりの量感がありつつかすかに隙間のある壁を思う。うしろにいる親を見せるくらいの隙間。その親は、散る花のみならず、鬱蒼とした葛の蔓と葉の暗闇の中にしゃがんでいるのである。

 この句で面白いのは「て」にこもる叙情である。葛の花がこぼれやすい「からこそ」親が匿されるというニュアンスが感じられる。つまり、親が匿されていることにある種の安心感を覚え、葛の花に対して恩を感じてさえいるように思える。ではなぜ、と思えば、親が他人に見せられないほど醜いからとか恥ずかしいからとか、あるいは親には厳しい外界からはもう離れて、静かに平和に時を過ごしてほしいからとか、色々と候補が挙がる。後者の方が好もしいが、晴子のドライさから言えば前者もありだと思う。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  2. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  3. しかと押し朱肉あかあか冬日和 中村ひろ子(かりん)【季語=冬日和…
  4. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)…
  5. 傾けば傾くまゝに進む橇     岡田耿陽【季語=橇(冬)】
  6. 百代の過客しんがりに猫の子も 加藤楸邨【季語=猫の子(春)】
  7. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
  8. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】蓮根掘
  2. 【第1回】ポルトガル――北の村祭と人々/藤原暢子
  3. 【冬の季語】鴨
  4. 【夏の季語】草ロール
  5. 【夏の季語】蜘蛛
  6. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  7. 【春の季語】春の夜
  8. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】
  9. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】
  10. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】

Pickup記事

  1. 餅花のさきの折鶴ふと廻る 篠原梵【季語=餅花(新年)】
  2. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
  3. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月19日配信分】
  5. 【夏の季語】涼しい
  6. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
  7. 恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子【季語=紅葉(秋)】
  8. 琅玕や一月沼の横たはり 石田波郷【季語=一月(冬)】
  9. 人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子【季語=巣箱(春)】 
  10. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
PAGE TOP