ハイクノミカタ

温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】


温室の空がきれいに区切らるる

飯田 晴


温室と聞いてすぐに浮かぶのは植物園の熱帯植物を展示する建物だが、季語としては寒さから野菜や花を防護して促成栽培を行う設備のこと。ビニールハウスと言えば分かり易い。歳時記を引くと季語としては「フレーム」、温室は傍題の扱いだ。パイプ材などの枠組即ちフレームが露わなことが由来のようだけれど、季語として認定された当時は一般的な名称だったのかしらん。季語力はちょっと弱め?

ところで、掲句を最初に読んだとき、私はこれを外から温室を眺めている場面と受け取ってしまった。少し前に紹介した星野立子の『實生』に<屋根區切り大佛區切り冬の空>という俳句があり、共通する「区切る」の言葉につい引っ張られたようだ。つまり、一面の畑を見渡したときにビニールハウスが大空をアクセントのように区切っている、と読んだのだ。「温室の空」を温室の上に広がる空、と解釈した訳だが、やはりどうも無理がある。そこで初めて、ああ、これは温室の中から見上げた空なのだ、と気づいた。いやはや読解力の乏しいこと。空を区切っているのは温室のフレームだ。上に目を向けると、一枚の筈の空が仕切られて何枚もの青いタイルを貼り付けたよう。「きれいに」は続く動詞を形容するから、均等に、整然と、すっきりと、などの意味だろうが、同時に空の綺麗さもイメージさせる。

いや、と新たな疑念が頭をもたげる。そんなに素直に読んでいいのか。「温室育ち」という慣用表現がある。「きれいに区切らるる」はむしろ皮肉を込めているのだろうか。しかし、そうなると季語の本意というのは限りなく薄まるし、作者が今井杏太郎、鳥居三朗門であったことを考えると、この読みは穿ち過ぎかもしれない・・・。

平明な俳句でも一歩足を踏み入れるととんでもない迷宮だったりします。こんがらがっているのは私の頭の方なんでしょうが、迷路に立ち往生するのもまた俳句を読む愉しみかとも。

(『ゆめの変り目』ふらんす堂 2018年より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 叱られて目をつぶる猫春隣 久保田万太郎【季語=春隣(冬)】
  2. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】
  3. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  4. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  5. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
  6. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  7. 花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】
  8. 逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ 池田澄子【季語=草紅葉(秋)…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第47回】 房総・鹿野山と渡辺水巴
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(14)/四ッ谷龍さん
  3. 【冬の季語】冬の水
  4. 火達磨となれる秋刀魚を裏返す 柴原保佳【季語=秋刀魚(秋)】
  5. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  6. 聴診に一生の秋を聴きにけり 橋本喜夫【季語=秋(秋)】
  7. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  8. 【春の季語】鴨引く
  9. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  10. 【冬の季語】兎

Pickup記事

  1. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
  2. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男
  5. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  6. 【夏の季語】蜘蛛
  7. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  8. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】
  9. 悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし 波多野爽波【季語=夜食(秋)】
  10. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】
PAGE TOP