ハイクノミカタ

黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】


黒揚羽に当てられてゐる(からだ)かな)

飯島晴子

 一見、大きな黒揚羽が勢いよくぶつかってくるような状況を思うし、黒揚羽の肉厚な身が想像される。しかし、よく考えてみると、それにしては「当てられてゐる」がなんとも受動的で、無関心で、のんびりしているのである。思う存分当たりなさい、とでも言うような余裕がある。黒揚羽に、何かを試されているような感じもあれば、誰か別の人により、自分の軀を黒揚羽に押し付けられているような状況も思いつく。以前示した晴子俳句の受身な一面のよくあらわれた一句であろう。

 中七は、〈蓮白し頭叩いて呉れに来る〉〈あけぼのの舟をたゝくや白撫子〉なども思わせる。これらの句にも、頭や舟の内部を確かめるような慎重さが読み取れる。一見活発なように見える晴子俳句をしっかり読み込むと、そこには広くゆったりした時空間が広がっていることに気付かされるのである。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子
>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  2. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】
  3. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(…
  4. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  5. 人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子【季語=人の日(新年)】
  6. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】
  7. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】
  8. 大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】

おすすめ記事

  1. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  2. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  3. 雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子【季語=雛祭(春)】
  4. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  5. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】
  6. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】
  7. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  8. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第128回】井越芳子
  10. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第95回】若井新一
  3. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  4. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳
  6. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
  7. 人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子【季語=巣箱(春)】 
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  10. 【春の季語】啄木忌
PAGE TOP