ハイクノミカタ

狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子【季語=狐火(冬)】


狐火にせめてををしき文字書かん)

飯島晴子

 私が想像するのは、狐火吟行である。しっかりとは見えない暗い手元で、力強くメモをしていくところを思う。私はどうも掲句のような「に」があると、どこかものとものが対面して影響しあうような印象を受けるのだが、この句の場合にも、狐火と文字とが相対するような感じがする。狐火は文字を照らすわけだが、さて文字は狐火にどのような影響を及ぼすだろう。例えば、その文字によって狐火が強くなったり弱くなったり。あるいは、書いてある文字の個数分の狐火が現れたり。狐火に照らされた文字が、今度は霊性を帯びて狐火に作用していくのである。

 では。「せめて雄々しい文字を書く」のは何のためだろうか。勿論、恐怖を吹き飛ばすために力強く書くとか、いくらでも理屈はつけられそうである。ただ、晴子俳句ということを踏まえれば、そこにはあまり意味はないのだとも思う。以前、晴子の待つ姿勢について述べたが、掲句の場合にも、せめて雄々しい文字くらいは書いておこう、あとは運命に任せようということなのかもしれない。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔36〕気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子
>>〔35〕蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子
>>〔34〕みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子
>>〔33〕冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子
>>〔32〕小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子
>>〔31〕鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子
>>〔30〕鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
>>〔29〕秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
>>〔28〕ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=花野(秋)】
  2. 肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  3. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】
  4. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】
  5. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】
  6. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  7. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】
  8. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】

おすすめ記事

  1. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  2. 【新年の季語】初詣
  3. 【冬の季語】数え日
  4. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】
  5. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  6. 【冬の季語】冬に入る
  7. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  8. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)
  9. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
  10. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)

Pickup記事

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  2. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第49回】岸本尚毅
  4. 両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】
  5. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  6. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第53回】 秋篠寺と稲畑汀子
  8. 夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹【季語=夏蝶(夏)】
  9. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  10. コンゲツノハイク(結社推薦句)【3月5日締切】
PAGE TOP