ハイクノミカタ

けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】


けふあすは誰も死なない真葛原)

飯島晴子

 では明後日は誰かが死ぬのか否か、という点は問題ではない。それが現段階ではわからない、さらには、今日と明日は誰も死なないということがわかっている、というところがむしろこの句の肝であろう。鬱蒼とした真葛原で、ここまではわかる、ここからはわからないという境界を「けふあす」という時間で量的に規定したのが面白いのである。

 晴子の葛の句と言えば〈葛の花来るなと言つたではないか〉であるが、実際に晴子は葛の花が好きだと明言している。「赤っぽい紫色の花は艶に濃い情感を漂わして、粗い葉の茂りと妙に調和がとれている」「葛の花自体は、形も色も、華やかな盛りの雰囲気をもつ花で、どこにも滅亡を予言するイメージは見当たらないが、その濃艶な葛の花の先には必ず滅びがあり、しかもそれはだれもが知っていることのような、そういう葛の花にまつわる気分の複雑さが好き」と言う。

 とすれば、掲句は盛者必衰というありきたりの概念に回収されかねないが、勿論この句の魅力がそこにあるわけではない。前述したような、見える、わかる範囲に新しい尺度を導入したところが良いのだと思う。「真葛原」という言い回しは、景の中の葉の割合を圧倒的に増やし、広角のところどころに色づく葛の花を却って鮮明に映し出す。広い真葛原の中の赤紫の花が死者のようにも見えてくるのである。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】
  2. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  3. 雛節句一夜過ぎ早や二
  4. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】
  5. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  6. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  7. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】
  8. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】

おすすめ記事

  1. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  2. 【冬の季語】冬麗
  3. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔
  5. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  6. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」
  7. 【冬の季語】冬の薔薇
  8. 【春の季語】四月
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第3回】青柳飛
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス

Pickup記事

  1. 卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】
  2. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】
  3. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
  4. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
  6. 飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀【季語=蝶・蜂(春)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年3月分】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
  9. 【冬の季語】春隣
  10. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
PAGE TOP