ハイクノミカタ

叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】


叩頭すあやめあざやかなる方へ)

飯島晴子

 掲句の収められている『春の蔵』には〈献身やあやめをざつと見渡して〉という句もあるが、比べるとどうだろうか。

 まず、上五の「叩頭」と「献身」。「献身」の方がしっかりと身を入れており、情のこもっている感じがする。一方の「叩頭」はもっとよそよそしい。

 では中七下五はどうだろう。「あやめをざつと見渡して」の場合は、即座に「献身」の対象を決めているような印象がある。言い方にも、切れ味の良さがある。一方の掲句の場合は、熟考の末に「あやめあざやかなる方へ」叩頭した感じがする。だからこそ、「献身」のような自己主張はなく、もっとさっぱりと、何かを悟った後なのだと思われる。のっぺりとした文体にも、その余裕が現れている。「宜しく」とも「有難う」とも「さようなら」ともとれる。あるいは、「宜しく」も「有難う」も「さようなら」も本質的には同じという次元での一句なのかもしれない。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】…
  2. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】
  3. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】
  4. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】
  5. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  6. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)…
  7. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(…
  8. めちやくちやなどぜうの浮沈台風くる 秋元不死男【季語=台風(秋)…

おすすめ記事

  1. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】
  2. 噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】
  3. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【10】/辻本芙紗(「銀漢」同人)
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第45回】 池田と日野草城
  6. 大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太【季語=大年(冬)】
  7. 【冬の季語】日短
  8. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】
  10. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】

Pickup記事

  1. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  2. 【冬の季語】冬うらら
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  4. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
  5. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】
  6. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  7. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  8. 風へおんがくがことばがそして葬 夏木久
  9. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】
  10. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】
PAGE TOP