ハイクノミカタ

叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】


叩頭すあやめあざやかなる方へ)

飯島晴子

 掲句の収められている『春の蔵』には〈献身やあやめをざつと見渡して〉という句もあるが、比べるとどうだろうか。

 まず、上五の「叩頭」と「献身」。「献身」の方がしっかりと身を入れており、情のこもっている感じがする。一方の「叩頭」はもっとよそよそしい。

 では中七下五はどうだろう。「あやめをざつと見渡して」の場合は、即座に「献身」の対象を決めているような印象がある。言い方にも、切れ味の良さがある。一方の掲句の場合は、熟考の末に「あやめあざやかなる方へ」叩頭した感じがする。だからこそ、「献身」のような自己主張はなく、もっとさっぱりと、何かを悟った後なのだと思われる。のっぺりとした文体にも、その余裕が現れている。「宜しく」とも「有難う」とも「さようなら」ともとれる。あるいは、「宜しく」も「有難う」も「さようなら」も本質的には同じという次元での一句なのかもしれない。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】
  2. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
  3. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  4. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
  5. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  6. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  7. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  8. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】

おすすめ記事

  1. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】
  2. 【新年の季語】成人の日
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  4. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  5. 【夏の季語】父の日
  6. 【冬の季語】冬の猫
  7. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  8. 【#44】写真の不思議
  9. 【夏の季語】汗/汗ばむ 玉の汗
  10. 【夏の季語】香水

Pickup記事

  1. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  3. 水喧嘩恋のもつれも加はりて 相島虚吼【季語=水喧嘩(夏)】
  4. 【秋の季語】銀漢
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(15)/茅根知子さん
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年6月分】
  7. 【冬の季語】凍蝶
  8. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】
  9. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
  10. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
PAGE TOP