ハイクノミカタ

自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自転車の片足大地春惜しむ

松下道臣))


自転車に乗れるようになったのはいつのことだったかと記憶を辿ったら、どう短く見積もっても半世紀以上前ということに気づき、ゾッとなった。まだ気を取り直せないでいる。考えなければよかった。

自転車に乗れる、とは補助輪のない二輪で走れることだ、勿論。私は運動神経はないし、怖がりなので、補助輪が外れるまでよその子よりも時間がかかったかもしれない。ある日、バランスの取り方を体が漸く会得したのだろう、不意に補助輪なしですいすい走れるようになっちゃった。あの時の「やったぜ!」という達成感よりも「あれれ?出来ちゃった?」という不思議さが勝った感覚はまだ体の奥底に残っている。地に足が付いていないような感じ、と喩えたいところだが、それが正しい自転車の乗り方なので困ってしまう。

そんなことを思い出したのは掲句を読んだからで、「春惜しむ」という季語の感傷的な要素が作用したらしい。「自転車の片足大地」は片言めいてもいるが、かりそめに止まっている状態であることは十分に伝わる。それに、「片足を地に」とでもすれば文法的にも分かり易いだろうけれど、印象はぼやけただろう。「大地」の切れが雄々しいので、惜春の情感がより強調される仕組みになっている。

俳句の原石は日常茶飯事に埋まっているものだ。この句も然り。信号が青に変わるのを待つなど僅かな時間など、自転車に乗れば片足立ちの姿勢になるのは二度や三度はある。しかし考えてみれば歩いている時はこんな格好は出来ない。当たり前のことに思い至ったとき、片足は靴底を通して地面との触れ合いを初めて感じたのではないだろうか。ただの舗道だったとしても、今自分が立っているのはまさしく大地なのだ、という実感を捉えたのではないだろうか。片足は大地を感じ、もう片足はふらりと宙に浮いている。そんなアンバランスな姿勢のまま惜春の情にかられているところに俳諧味がある。両足をしっかり地につけて春を惜しんでも一向にかまわないけれど、詩趣は湧かない。自分が普段から自転車で走り回っているせいか、妙にほだされた一句。

『二字』 ふらんす堂 2022年より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


【太田うさぎのバックナンバー】

>>〔80〕春日差す俳句ポストに南京錠     本多遊子
>>〔79〕蜆汁神保町の灯が好きで       山崎祐子
>>〔78〕うららかや帽子の入る丸い箱     茅根知子
>>〔77〕春満月そは大いなる糖衣錠       金子敦
>>〔76〕夕空や日のあたりたる凧一つ     高野素十
>>〔75〕シャボン玉吹く何様のような顔     斉田仁
>>〔74〕鳥の恋漣の生れ続けたる                            中田尚子
>>〔73〕浅春の岸辺は龍の匂ひせる     対中いずみ
>>〔72〕猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流
>>〔71〕おやすみ
>>〔70〕雪掻きて今宵誘うてもらひけり    榎本好宏
>>〔69〕片手明るし手袋をまた失くし     相子智恵
>>〔68〕肩へはねて襟巻の端日に長し      原石鼎
>>〔67〕小鳥屋の前の小川の寒雀       鈴木鷹夫
>>〔66〕ゆげむりの中の御慶の気軽さよ   阿波野青畝
>>〔65〕イエスほど痩せてはをらず薬喰   亀田虎童子
>>〔64〕大氷柱折りドンペリを冷やしをり  木暮陶句郎
>>〔63〕うららかさどこか突抜け年の暮    細見綾子
>>〔62〕一年の颯と過ぎたる障子かな     下坂速穂
>>〔61〕みかんむくとき人の手のよく動く   若杉朋哉
>>〔60〕老人になるまで育ち初あられ     遠山陽子

>>〔59〕おやすみ
>>〔58〕天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部   加倉井秋を
>>〔57〕ビーフストロガノフと言へた爽やかに 守屋明俊
>>〔56〕犬の仔のすぐにおとなや草の花    広渡敬雄
>>〔55〕秋天に雲一つなき仮病の日      澤田和弥
>>〔54〕紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く      澤好摩
>>〔53〕鴨が来て池が愉快となりしかな    坊城俊樹
>>〔52〕どの絵にも前のめりして秋の人    藤本夕衣
>>〔51〕少女期は何かたべ萩を素通りに    富安風生
>>〔50〕悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし  波多野爽波
>>〔49〕指は一粒回してはづす夜の葡萄    上田信治
>>〔48〕鶺鴒がとぶぱつと白ぱつと白     村上鞆彦
>>〔47〕あづきあらひやひとり酌む酒が好き  西野文代
>>〔46〕夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
>>〔45〕目薬に涼しく秋を知る日かな     内藤鳴雪
>>〔44〕金閣をにらむ裸の翁かな      大木あまり
>>〔43〕暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる    佐藤鬼房
>>〔42〕何故逃げる儂の箸より冷奴     豊田すずめ
>>〔41〕ひそひそと四万六千日の猫      菊田一平

>>〔40〕香水や時折キッとなる婦人      京極杞陽
>>〔39〕せんそうのもうもどれない蟬の穴   豊里友行
>>〔38〕父の日やある決意してタイ結ぶ    清水凡亭
>>〔37〕じゆてーむと呟いてゐる鯰かな    仙田洋子
>>〔36〕蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり    日原傳
>>〔35〕好きな樹の下を通ひて五月果つ    岡崎るり子
>>〔34〕多国籍香水六時六本木        佐川盟子
>>〔33〕吸呑の中の新茶の色なりし       梅田津
>>〔32〕黄金週間屋上に鳥居ひとつ     松本てふこ
>>〔31〕若葉してうるさいッ玄米パン屋さん  三橋鷹女
>>〔30〕江の島の賑やかな日の仔猫かな   遠藤由樹子
>>〔29〕竹秋や男と女畳拭く         飯島晴子
>>〔28〕鶯や製茶会社のホツチキス      渡邊白泉
>>〔27〕春林をわれ落涙のごとく出る     阿部青鞋
>>〔26〕春は曙そろそろ帰つてくれないか   櫂未知子
>>〔25〕漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に    関根誠子
>>〔24〕飯蛸に昼の花火がぽんぽんと     大野朱香
>>〔23〕復興の遅れの更地春疾風       菊田島椿
>>〔22〕花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ  星野麥丘人
>>〔21〕あしかびの沖に御堂の潤み立つ   しなだしん

>>〔20〕二ン月や鼻より口に音抜けて     桑原三郎
>>〔19〕パンクスに両親のゐる春炬燵    五十嵐筝曲
>>〔18〕温室の空がきれいに区切らるる    飯田 晴
>>〔17〕枯野から信長の弾くピアノかな    手嶋崖元
>>〔16〕宝くじ熊が二階に来る確率      岡野泰輔
>>〔15〕悲しみもありて松過ぎゆくままに   星野立子
>>〔14〕初春の船に届ける祝酒        中西夕紀
>>〔13〕霜柱ひとはぎくしやくしたるもの  山田真砂年
>>〔12〕着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる  吉田穂津
>>〔11〕蓮ほどの枯れぶりなくて男われ   能村登四郎
>>〔10〕略図よく書けて忘年会だより    能村登四郎
>>〔9〕暖房や絵本の熊は家に住み       川島葵 
>>〔8〕冬の鷺一歩の水輪つくりけり     好井由江
>>〔7〕どんぶりに顔を埋めて暮早し     飯田冬眞
>>〔6〕革靴の光の揃ふ今朝の冬      津川絵里子
>>〔5〕新蕎麦や狐狗狸さんを招きては    藤原月彦
>>〔4〕女房の化粧の音に秋澄めり      戸松九里
>>〔3〕ワイシャツに付けり蝗の分泌液    茨木和生
>>〔2〕秋蝶の転校生のやうに来し      大牧 広
>>〔1〕長き夜の四人が実にいい手つき    佐山哲郎


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. カルーセル一曲分の夏日陰  鳥井雪【季語=夏日陰(夏)】
  2. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】…
  3. みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな筑紫磐井【季語=滝(夏)】
  4. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】
  5. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  6. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  7. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  8. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬…

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP