ハイクノミカタ

革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】


革靴の光の揃ふ今朝の冬

津川絵里子

今日、11月7日は立冬。東京では数日前に3年ぶりという木枯一号もニュースになった。

とは言え、私の住む辺りではまだ秋色の気配が濃い。それでも、「立冬」と聞いただけで体の芯がぴくんと張り詰める。来るべき冬に身構えるかのように。

掲句はそんな立冬の朝の光景を描いている。<揃ふ>なので複数の靴が並んでいると考えられる。いや、靴は左右で一対なのだから一足の靴という推測も出来るのだけれど(ああ、日本語って曖昧)。

<今朝の冬>と言った場合、その朝がどの程度の時間帯を表すのかいつも判然としないのだが、広く午前中と解釈すれば靴店ということもあるだろう。

靴屋の店頭。まだ誰の足にも馴染まず、傷一つなく、穿き癖もついていない無垢の一対が幾足も爪先を揃えて陳列されている。穿き込んだ靴が光を吸い込むのに対してまっさらな靴はまっさらな光を反射させる。レザーなら猶のこと。靴の面に一様に乗る光が明るくもどこか冷たい。靴だけがフォーカスされ、それを穿く人の存在が見えないところも寒さを呼び起こす。

本格的な寒さの来る前のこの時期、どこに冬らしさを感じ求めるか、実作者としてはなかなか悩ましい。四立(しりゅう)と呼ばれる立春、立夏、立秋、立冬のなかでも、ことに立冬は歯が立たないと思うのは私だけかもしれないが、それだけに、革靴という極めて日常的なアイテムに目を留め、その光が揃うという描写のみで冬らしさを示唆する作者の手腕に感じ入る。

もちろん、季語を<今朝の春(は新年だけれど仮に)>や<今朝の夏>としてもそれぞれの感慨はあり成り立つ。こちらの方がピンと来るという人もいるだろう。しかし、革靴の質感が最も活きるのはやはり冬ではなかろうか。

パンプスを穿いて街へ出る機会も減ったこの頃、今日はロングブーツを磨くとするか。光を乗せたブーツで歩けば信号待ちで止まるのも楽しいに違いない。

『はじまりの樹』 ふらんす堂 2012より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】
  2. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)…
  3. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  4. 凩の会場へ行く燕尾服  中田美子【季語=凩(冬)】
  5. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
  6. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】…
  7. ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子【季語=野菊(秋)】
  8. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】

おすすめ記事

  1. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  2. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  3. 卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨【季語=卒業(春)】
  4. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦
  5. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】
  6. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】
  7. 夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】
  8. 数と俳句(一)/小滝肇
  9. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】
  10. 春立つと拭ふ地球儀みづいろに 山口青邨【季語=春立つ(春)】

Pickup記事

  1. 火達磨となれる秋刀魚を裏返す 柴原保佳【季語=秋刀魚(秋)】
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#06】落語と猫と
  3. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  4. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  5. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
  7. 青嵐神社があったので拝む 池田澄子【季語=青嵐(夏)】
  8. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】
  9. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】
  10. 鉄橋を決意としたる雪解川 松山足羽【季語=雪解川(春)】
PAGE TOP