ハイクノミカタ

革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】


革靴の光の揃ふ今朝の冬

津川絵里子

今日、11月7日は立冬。東京では数日前に3年ぶりという木枯一号もニュースになった。

とは言え、私の住む辺りではまだ秋色の気配が濃い。それでも、「立冬」と聞いただけで体の芯がぴくんと張り詰める。来るべき冬に身構えるかのように。

掲句はそんな立冬の朝の光景を描いている。<揃ふ>なので複数の靴が並んでいると考えられる。いや、靴は左右で一対なのだから一足の靴という推測も出来るのだけれど(ああ、日本語って曖昧)。

<今朝の冬>と言った場合、その朝がどの程度の時間帯を表すのかいつも判然としないのだが、広く午前中と解釈すれば靴店ということもあるだろう。

靴屋の店頭。まだ誰の足にも馴染まず、傷一つなく、穿き癖もついていない無垢の一対が幾足も爪先を揃えて陳列されている。穿き込んだ靴が光を吸い込むのに対してまっさらな靴はまっさらな光を反射させる。レザーなら猶のこと。靴の面に一様に乗る光が明るくもどこか冷たい。靴だけがフォーカスされ、それを穿く人の存在が見えないところも寒さを呼び起こす。

本格的な寒さの来る前のこの時期、どこに冬らしさを感じ求めるか、実作者としてはなかなか悩ましい。四立(しりゅう)と呼ばれる立春、立夏、立秋、立冬のなかでも、ことに立冬は歯が立たないと思うのは私だけかもしれないが、それだけに、革靴という極めて日常的なアイテムに目を留め、その光が揃うという描写のみで冬らしさを示唆する作者の手腕に感じ入る。

もちろん、季語を<今朝の春(は新年だけれど仮に)>や<今朝の夏>としてもそれぞれの感慨はあり成り立つ。こちらの方がピンと来るという人もいるだろう。しかし、革靴の質感が最も活きるのはやはり冬ではなかろうか。

パンプスを穿いて街へ出る機会も減ったこの頃、今日はロングブーツを磨くとするか。光を乗せたブーツで歩けば信号待ちで止まるのも楽しいに違いない。

『はじまりの樹』 ふらんす堂 2012より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子【季語=白魚(春)】
  2. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  3. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  4. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】
  5. 冬深し柱の中の波の音 長谷川櫂【季語=冬深し(冬)】
  6. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】
  7. 新涼やむなしく光る貝釦 片山由美子【季語=新涼(秋)】
  8. とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし【季語=焚火(冬)】

おすすめ記事

  1. 死因の一位が老衰になる夕暮れにイチローが打つきれいな当たり 斉藤斎藤
  2. 【イベントのご案内】第4回 本の作り手と読む読書会 ~漢詩の〈型〉を旅する夜~
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【6】/宇志やまと(「銀漢」同人)
  4. 【春の季語】二月尽
  5. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】
  6. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】
  7. 老人がフランス映画に消えてゆく 石部明
  8. 秋櫻子の足あと【第1回】谷岡健彦
  9. 【秋の季語】残暑
  10. 永遠に下る九月の明るい坂 今井聖【季語=九月(秋)】

Pickup記事

  1. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
  2. 【春の季語】風光る
  3. 【冬の季語】冬立つ
  4. 【秋の季語】秋高し
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第25回】沖縄・宮古島と篠原鳳作
  6. 「けふの難読俳句」【第3回】「象」
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月4日配信分】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【18】服部崇
  10. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
PAGE TOP