ハイクノミカタ

軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】


軽き咳して夏葱の刻を過ぐ)

飯島晴子

 一読、ごほんごほんと咳をしながら葱畑を過ってゆく景色が見えてくるわけであるが、「刻」という一語からさらに世界は深まる。「夏葱の刻」が具体的に何時かを探っても仕方あるまい。夏葱の刻は夏葱の刻なのである。夏葱のどこまでも満ち溢れている、その目の前の時間でよりほかない。われわれが別の言葉で説明しうる「刻」ではないからこそ、「夏葱の刻」なのだろう。夏葱が何列も、どこまでも連なる空間ががあっと広がってゆくのに要するその時間も思わされる。そこを過ってゆくのである。そうすると、「過ぐ」は、空間的な意味から時間的な意味へと、比重が移ってゆく。その過程もまた、読み手としては面白い。

 晴子はエッセイ「葱」で、永田耕衣の〈夢の世に葱を作りて寂しさよ〉や加藤楸邨の〈葱切つて潑剌たる香悪の中〉を挙げ、「野菜のなかで最も日常的で、普遍的で、土俗的で、平凡卑俗な物」だからこそ「相当無理な形而上的体重を乗せても、葱は詩として耐えられる」と述べている。しかしながら、掲句にはそのような「形而上的体重」は全くなく、叙情を嫌った晴子らしい。「夏葱の実物とは関係なく、夏葱という言葉にはどこか瀟洒な趣がある」「夏の葱と言ってしまうと、もうそれは夏葱ではなく葱になってしまう」と続けており、先日紹介した「言葉桐の花」の論を思わせる。「夏葱とは、言葉だけの世界に存在するものである」とさえ言っている。そうすると俄然、葱畑が美しく見えてくるのである。

 掲句と同じく『蕨手』所収の〈竹林の日すぢに懸かる父の咳〉は、勢いの良い「咳」の飛沫の粒がみどりと交錯するところを思わせるが、掲句からは飛沫が見えない。それは「軽い」咳であり、足早に過ぎ去ってゆくからでもあり、何よりも、「夏葱」という言葉によって静かで清らかな空気が立ち上がるからだと思う。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子
>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】…
  2. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】
  3. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】…
  4. 水喧嘩恋のもつれも加はりて 相島虚吼【季語=水喧嘩(夏)】
  5. 幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子【季語=春泥(春)】
  6. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  7. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】…
  8. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】

おすすめ記事

  1. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  2. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  3. 【新年の季語】元旦
  4. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  5. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  6. 春暁のカーテンひくと人たてり 久保ゐの吉【季語=春暁(春)】
  7. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年4月分】
  9. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  10. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし

Pickup記事

  1. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第8回】2003年 天皇賞・秋 シンボリクリスエス
  3. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】
  4. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【番外編】
  6. 【連載】歳時記のトリセツ(10)/小津夜景さん
  7. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】
  8. 仰向けに冬川流れ無一文 成田千空【季語=冬川(冬)】
  9. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】
  10. 【春の季語】卒業す
PAGE TOP