ハイクノミカタ

霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】


霜柱ひとはぎくしやくしたるもの

山田真砂年

「ぎくしゃく」を手元の辞書で引くと「①言葉・動作などがなめらかでないことを表わす。②人間関係がしっくり行っていないことを表わす。」とある。

掲句はどちらについての感慨だろう。私くらいに齢を重ねると軟骨成分がすり減って、ことに寒い日は関節がギシギシと・・・ということは幸いにしてまだないけれど、前者の場合、そのような身体に覚える違和の句として読める。後者の場合、ここに(ひとと)と三字を補えば、人間関係の不具合という意図はより明快になる。また、「ひと」という平仮名表記はフィジカルではなくメンタルな面を示唆するものと考えるなら、やはり②が定義するように、生きていく上で誰かと摩擦を生じることは誰にもあるさ、と考えてよいだろうか。

摩擦とばかりは限らないかもしれない。他人とささやかな関係を築こうとするだけなのに、どうもぎこちなくなる。思っていることを伝えようとして、あわわわと挙動不審の無限ループに搦め取られてもがく、そんなぎくしゃくだってある。

さて、そこにおかれましたる霜柱。

これもまた手元の講談社版大歳時記に飯田龍太が「霜柱には氷柱とは違った複雑なひかりがあり、気性でいえば、やや気短かな感じがある。」とユニークで素敵な解説を書いている。

この解説に則って掲句を読むと、せせこましい人間関係から一気に開放されないだろうか。

今年一年、さまざまなことで煮詰まっちゃった私やあなた。大丈夫。ひとはそういうものだもの。うんとこさ、と冷たい土を持ち上げながら、来年もまたぎくしゃくを続けていくにしても。

(『海鞘食うて』角川書店 2008年より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(…
  2. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  3. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】
  4. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】
  5. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  6. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  7. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】
  8. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(9)/干場達矢さん
  3. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】
  4. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  5. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
  6. ペスト黒死病コレラは虎列刺コロナは何と 宇多喜代子【季語=コレラ(夏)】
  7. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  8. 【書評】仙田洋子 第4句集『はばたき』(角川書店、2019年)
  9. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  10. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月

Pickup記事

  1. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  2. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
  3. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  4. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり
  7. 【冬の季語】狐
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【13】服部崇
  9. 【新年の季語】嫁が君
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第70回】 浅草と久保田万太郎
PAGE TOP