ハイクノミカタ

霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】


霜柱ひとはぎくしやくしたるもの

山田真砂年

「ぎくしゃく」を手元の辞書で引くと「①言葉・動作などがなめらかでないことを表わす。②人間関係がしっくり行っていないことを表わす。」とある。

掲句はどちらについての感慨だろう。私くらいに齢を重ねると軟骨成分がすり減って、ことに寒い日は関節がギシギシと・・・ということは幸いにしてまだないけれど、前者の場合、そのような身体に覚える違和の句として読める。後者の場合、ここに(ひとと)と三字を補えば、人間関係の不具合という意図はより明快になる。また、「ひと」という平仮名表記はフィジカルではなくメンタルな面を示唆するものと考えるなら、やはり②が定義するように、生きていく上で誰かと摩擦を生じることは誰にもあるさ、と考えてよいだろうか。

摩擦とばかりは限らないかもしれない。他人とささやかな関係を築こうとするだけなのに、どうもぎこちなくなる。思っていることを伝えようとして、あわわわと挙動不審の無限ループに搦め取られてもがく、そんなぎくしゃくだってある。

さて、そこにおかれましたる霜柱。

これもまた手元の講談社版大歳時記に飯田龍太が「霜柱には氷柱とは違った複雑なひかりがあり、気性でいえば、やや気短かな感じがある。」とユニークで素敵な解説を書いている。

この解説に則って掲句を読むと、せせこましい人間関係から一気に開放されないだろうか。

今年一年、さまざまなことで煮詰まっちゃった私やあなた。大丈夫。ひとはそういうものだもの。うんとこさ、と冷たい土を持ち上げながら、来年もまたぎくしゃくを続けていくにしても。

(『海鞘食うて』角川書店 2008年より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  2. 秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音【季語=秋草(秋)】
  3. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  4. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】
  5. 永遠に下る九月の明るい坂 今井聖【季語=九月(秋)】
  6. 自愛の卓ポテトチップは冬のうろこ 鈴木明【季語=冬(冬)】
  7. デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち 宮坂静生【季語=落葉(冬)】
  8. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】

おすすめ記事

  1. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  2. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. 立ち枯れてあれはひまはりの魂魄 照屋眞理子
  4. 待春やうどんに絡む卵の黄 杉山久子【季語=待春(春)】
  5. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  6. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年10月分】
  8. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】
  9. 【#15】秋に聴きたくなる曲
  10. こんな本が出た【2021年3月刊行分】

Pickup記事

  1. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  2. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  3. 【冬の季語】枯芝
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月4日配信分】
  5. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  7. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】
  8. 大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】
  9. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】
  10. 【冬の季語】大寒
PAGE TOP