ハイクノミカタ

蕎麦碾くや月山はうつすらと雪 佐藤郁良【季語=雪(冬)】 


蕎麦碾くや月山はうつすらと)

(佐藤郁良
(NHK俳句王国がゆく・山形県村山市)

今日は、自身の原点であり、転換点になった時の話をしたい。それは今から7年ほど前2016年11月の「俳句王国がゆく」の収録である。

掲句は、まさにその転換点となった収録で、私のもうひとりの師である佐藤郁良先生が詠んだ一句である。蕎麦粉の美しいさらさらとした質感、蕎麦粉の純白ではない色に注目した一句。11月半ば頃の収録で、遠く見える月山の頂上付近には雪が積もっていたことを覚えている。この収録は、NHK松山放送局で放送されていた「俳句王国がゆく」という番組であり、出演者のひとりとして山形県村山市を訪ねた。当時大学2年生だが、今までこのような俳句の番組に呼ばれることに全く縁がなかった。それもそのはず、俳句に一生懸命取り組んでいなかったからである。当時、バイトやサークル活動の方が楽しくて、句会に行こうとは思わなかったし、俳句を頑張ろうというモチベーションもなかった気がする。そもそも、群青の同世代のレベルが高くて、そんな気になれなかった。超えられないし、超えようとも思わない、そんなところだろうか。

そんな時、この収録のオファーが来て、「よし行ってみるか」となった際、共演者の欄に佐藤先生の名前があったのだ。初日は、外でのロケ。最上川急流下りを体験、そして板そばを作るところを見学し、美味しい板そば(あらきそば)を食べた。十四代と身欠き鰊も食べさせてもらった。翌日は、村山市のホールで収録、私は山形の名物「居合」をその場で見て、即吟をする役回りだった。その場で〈刃抜く瞬間疾し月冴ゆる 鈴木啓史〉という句を残した。当時はまだ本名で群青誌に投句をしていた頃だ。

ただ、肝心の転換点は、外ロケでもホール収録でもない。そう、ロケ終わりの夜の佐藤先生とのサシ飲みである。初めて先生とじっくり話すことが出来て、そこで俳句への向き合い方や今後目指す道などを語った(もちろんくだらない話もある)。そこから本気で俳句と向き合っていこうと思った。そして、この1か月後の句会で「総史」という俳号をいただくことになる。(※総史の由来は、この日の夜のサシ飲みで、新撰組の天才剣士・沖田総司のような切れ味で俳句界の色んなことを切りつけていたからだそう。)

この収録を機に、「群青」の句会への出席率が上がった。モチベーションもアップし、多い時には月4回ほど句会に参加していた。学生時代には大した成果は発揮できなかったが、そこで積み上げたものが、今日の道新俳句賞や星野立子新人賞に繋がっているのだろう。もちろん、句集の上梓にも。

今回の句集(氷湖いま)は、逆編年体になるようにしている。最新の句(北海道での社会人生活)から、最も古い句(東京での学生時代)に戻っていく流れだ。その最後に置いた一句は、<冬ざれの川いつぱいに舟唄が 鈴木総史>。そう、当時の村山での吟行、最上川を下った際に詠んだ句。これが私のアナザースカイ(笑)

句集、よしなによろしくお願い申し上げます。

鈴木総史


【執筆者プロフィール】
鈴木総史(すずき・そうし)
平成8年(1996)東京都生まれ、27歳。
北海道旭川市在住。3月より島根県松江市へ引越。
平成27年(2015)3月、「群青」入会。櫂未知子と佐藤郁良に師事。
令和3年(2021)10月、「雪華」入会。
令和4年(2022)、作品集「微熱」にて、第37回北海道新聞俳句賞を受賞。
令和5年(2023)1月より、「雪華」同人。
令和5年(2023)、連作「雨の予感」にて、第11回星野立子新人賞を受賞。
令和6年(2024)3月に、第一句集『氷湖いま』を上梓予定。
現在、「群青」「雪華」同人。俳人協会会員。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓


【2024年3月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔14〕芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々
>>〔15〕一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子
>>〔16〕牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎

【2024年3月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔5〕唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子
>>〔6〕少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女
>>〔7〕金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子

【2024年3月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔6〕祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
>>〔7〕吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子
>>〔8〕青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ

【2024年2月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔10〕足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後
>>〔11〕父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二
>>〔12〕トラックに早春を積み引越しす 柊月子
>>〔13〕故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎

【2024年2月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔1〕雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子
>>〔2〕虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣

【2024年2月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔1〕寒卵良い学校へゆくために 岩田奎
>>〔2〕泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟
>>〔3〕時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎

【2024年1月の火曜日☆土井探花のバックナンバー】
>>〔5〕初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希
>>〔6〕許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希
>>〔7〕海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美
>>〔8〕最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら
>>〔9〕くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子

【2024年1月の木曜日☆浅川芳直のバックナンバー】
>>〔5〕いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原
>>〔6〕冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟
>>〔7〕わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪
>>〔8〕室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄【季語=西鶴忌(秋)】
  2. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  3. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】…
  4. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】
  5. 大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太【季語=大年(冬)】
  6. 羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】
  7. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  8. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】

おすすめ記事

  1. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2021.9】
  2. とれたてのアスパラガスのやうな彼 山田弘子【季語=アスパラガス(春)】
  3. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】
  4. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】
  5. 【冬の季語】冬木の芽
  6. 【#41】真夏の個人的な過ごし方
  7. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第8回】2003年 天皇賞・秋 シンボリクリスエス
  8. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】
  9. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】
  10. 【秋の季語】秋彼岸

Pickup記事

  1. 【冬の季語】春を待つ
  2. 【春の季語】夜桜
  3. 北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり 平川靖子【季語=北寄貝(冬)】 
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年11月分】
  5. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  6. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
  7. 【夏の季語】扇風機
  8. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  9. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】
  10. 【新年の季語】松納
PAGE TOP