ハイクノミカタ

逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】


逢へば短日人しれず得ししづけさも

野澤節子

冬の日暮れの早さは、人との別れの時間を早くもさせる。

「もう、結構な時間になりましたか」

「あら、ほんとう、外がすっかり暗く…。まだ時間は早いのに。」

「ほんとうだ、冬の日暮れは早いね。まあ、そろそろ、帰りましょうか」

「逢へば短日」には、日の短さによる逢瀬の短さを物足りなく思う切な心がある。

本当はもっと一緒にいて話をしていたいのだ。逢瀬の短さを惜しみつつ、その一方で感じている「しづけさ」。

この静けさは、逢えたことに感じる心のやすらぎ。人知れずと言っているけれど、その人は他の誰でもなくその相手のことを指しているのだろう。要するに一方的な恋心。尊敬する師との逢瀬というようなことを想像させもする。

もっと同じ時間を過したいという思いと、逢えただけで心が満たされるという思い。

二つの思いが葛藤しているようで切なくも胸に響く。

『未明音』(1956)所収

日下野由季


🍀 🍀 🍀 季語「短日」については、「セポクリ歳時記」もご覧ください。


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  2. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  4. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】
  5. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
  6. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  7. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  8. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】

おすすめ記事

  1. ほととぎす孝君零君ききたまへ 京極杞陽【季語=時鳥(夏)】
  2. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  3. 【新年の季語】成人の日
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  5. 【冬の季語】梟
  6. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  7. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  8. 廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥【季語=春日(春)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男
  10. 裸木となりても鳥を匿へり 岡田由季【季語=裸木(冬)】

Pickup記事

  1. 秋灯の街忘るまじ忘るらむ 髙柳克弘【季語=秋灯(秋)】
  2. 秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子【季語=秋風(秋)】
  3. 【春の季語】雁帰る
  4. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝
  6. 【夏の季語】花火
  7. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】
  8. ハイシノミカタ【#4】「100年俳句計画」(キム・チャンヒ編集長)
  9. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】
  10. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
PAGE TOP