ハイクノミカタ

逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】


逢へば短日人しれず得ししづけさも

野澤節子

冬の日暮れの早さは、人との別れの時間を早くもさせる。

「もう、結構な時間になりましたか」

「あら、ほんとう、外がすっかり暗く…。まだ時間は早いのに。」

「ほんとうだ、冬の日暮れは早いね。まあ、そろそろ、帰りましょうか」

「逢へば短日」には、日の短さによる逢瀬の短さを物足りなく思う切な心がある。

本当はもっと一緒にいて話をしていたいのだ。逢瀬の短さを惜しみつつ、その一方で感じている「しづけさ」。

この静けさは、逢えたことに感じる心のやすらぎ。人知れずと言っているけれど、その人は他の誰でもなくその相手のことを指しているのだろう。要するに一方的な恋心。尊敬する師との逢瀬というようなことを想像させもする。

もっと同じ時間を過したいという思いと、逢えただけで心が満たされるという思い。

二つの思いが葛藤しているようで切なくも胸に響く。

『未明音』(1956)所収

日下野由季


🍀 🍀 🍀 季語「短日」については、「セポクリ歳時記」もご覧ください。


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】
  2. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  3. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  4. 或るときのたつた一つの干葡萄 阿部青鞋
  5. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  6. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
  7. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】
  8. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】

おすすめ記事

  1. 一陣の温き風あり返り花 小松月尚【季語=返り花(冬)】
  2. 【冬の季語】梟
  3. 【春の季語】春雪
  4. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  5. 【夏の季語】葉桜
  6. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
  7. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】
  8. をぎはらにあした花咲きみな殺し 塚本邦雄【季語=荻(秋)】
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  10. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】

Pickup記事

  1. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第100回】伊藤政三
  3. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  4. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  5. 母の日の義母にかなしきことを告ぐ 林誠司【季語=母の日(夏)】
  6. 【冬の季語】冬川
  7. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  8. 【春の季語】初東風
  9. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)
  10. 【秋の季語】末枯
PAGE TOP