お知らせ

【イベントのご案内】第4回 本の作り手と読む読書会 ~漢詩の〈型〉を旅する夜~


【イベントのご案内】
第4回 本の作り手と読む読書会
~漢詩の〈型〉を旅する夜~


編集者や翻訳者など、本の作り手とともに作品を味わう読書会シリーズ、編集者の北野太一さん、著者の小津夜景とともに、今回は『漢詩の⼿帖 いつかたこぶねになる⽇』を読みます。

* ご予約はこちらからどうぞ。 

【日時】2020年12月5日(土)20:00~22:00  
【形式】リアル会場:平井の本棚2F 
    オンライン:ZOOM使用 
【定員】リアル10名
    オンライン40名  
【参加費】1200円(書籍なし)
    2800円(書籍&送料込)
  書籍付の申込は11月28日締切。 

【スケジュール】
①教えて編集者さん(編集者から背景を聞く)

・素粒社のご紹介  
・読者の身近にある未知を、本というかたちのもと検出する  
・新刊の「予約注文」としてクラウドファンディングをやってみた〜 結果報告

 ====休憩====

②教えて著者さん(著者の朗読とともに作品世界を味わう)  

1 なぜわたしは漢詩を読むのか  
2 わたしの目に漢詩はこう見える 〜 時間・イメージ・運動  
3 かたちを体感する 〜 好きな詩の見つけ方  
4 ことばを造形する 〜 翻訳ルールの決め方  
5 タブラ・ラサと記憶、そして朗読  
* * * * * 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」
  2. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しまし…
  3. 【毎日更新中!】ハイクノミカタ
  4. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】狐
  2. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第92回】行方克巳
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  5. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  6. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=秋めく(秋)】
  7. 【冬の季語】風邪
  8. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  9. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第114回】中村かりん

Pickup記事

  1. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=花野(秋)】
  2. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】
  3. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子【季語=啄木鳥(秋)】
  4. 【夏の季語】紫陽花
  5. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  6. 【夏の季語】水着
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
  8. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】
  9. 【夏の季語】水中花/酒中花
  10. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし
PAGE TOP