お知らせ

【イベントのご案内】第4回 本の作り手と読む読書会 ~漢詩の〈型〉を旅する夜~


【イベントのご案内】
第4回 本の作り手と読む読書会
~漢詩の〈型〉を旅する夜~


編集者や翻訳者など、本の作り手とともに作品を味わう読書会シリーズ、編集者の北野太一さん、著者の小津夜景とともに、今回は『漢詩の⼿帖 いつかたこぶねになる⽇』を読みます。

* ご予約はこちらからどうぞ。 

【日時】2020年12月5日(土)20:00~22:00  
【形式】リアル会場:平井の本棚2F 
    オンライン:ZOOM使用 
【定員】リアル10名
    オンライン40名  
【参加費】1200円(書籍なし)
    2800円(書籍&送料込)
  書籍付の申込は11月28日締切。 

【スケジュール】
①教えて編集者さん(編集者から背景を聞く)

・素粒社のご紹介  
・読者の身近にある未知を、本というかたちのもと検出する  
・新刊の「予約注文」としてクラウドファンディングをやってみた〜 結果報告

 ====休憩====

②教えて著者さん(著者の朗読とともに作品世界を味わう)  

1 なぜわたしは漢詩を読むのか  
2 わたしの目に漢詩はこう見える 〜 時間・イメージ・運動  
3 かたちを体感する 〜 好きな詩の見つけ方  
4 ことばを造形する 〜 翻訳ルールの決め方  
5 タブラ・ラサと記憶、そして朗読  
* * * * * 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【毎日更新中!】ハイクノミカタ
  2. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」
  3. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しまし…
  4. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句…

おすすめ記事

  1. 【書評】三島広志 第1句集『天職』(角川書店、2020年)
  2. 【馬の俳句】
  3. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】
  4. 火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子【季語=火事(冬)】
  5. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(冬)】
  6. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第4回】2010年/2011年エリザベス女王杯
  7. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  8. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
  9. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】
  10. 【秋の季語】良夜

Pickup記事

  1. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 
  2. 【新年の季語】小豆粥
  3. 【春の季語】春の夜
  4. 【夏の季語】蜘蛛
  5. 絵葉書の消印は流氷の町 大串章【季語=流氷(春)】
  6. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇
  7. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  8. 夕焼けに入っておいであたまから 妹尾凛
  9. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  10. 鶯や製茶会社のホツチキス 渡邊白泉【季語=鶯(春)】
PAGE TOP