ハイクノミカタ

後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ 佐藤りえ【秋の季語=萩(冬)】


後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ

佐藤りえ


人の名前がおぼえられず、そこそこ不便な人生を送っている。たとえばヴィム・ヴェンダースジム・ジャームッシュ。どっちがどっちかしょっちゅうわからなくなる。ぜんぜん作品ちがうじゃん!といわれても困る。わたしにとってこのふたつは、言葉の響き合いがふんわりと鏡像を形成しているのだ。

後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ  佐藤りえ

『景色ーLANDSCAPE』より。はじめてこの句を目にしたとき、わたしがまっさきに連想したのは、石部明の〈オルガンとすすきになって殴りあう〉である。暴力的なまでの任意性によってえらばれた〈オルガン〉と〈すすき〉が、その運命の暴力性を体現するかのように殴りあっているのが石部の句であるとしたら、いっぽう佐藤の句は、ほとんど鏡像にみえる〈後鳥羽院〉と〈鳥羽院〉とが偽の自分を叩き潰すかのような、とてもユーモラスな分身劇の一幕を思わせる。

鏡像的な闘う二者、といっても、宮さんたちが萩を振りかざしてふわりふわりとやりあうのだから、どうしたって間の抜けたことにしかならない。その不条理な光景は解釈の屈折を生み出す魅力にあふれ、その屈折がまた「鏡像」というしかけに見合っていて、読者は逸脱的に育まれてゆくイメージの快楽に身を浸すことになる。

さてここからは余談だけれど、後鳥羽院と鳥羽院が萩の歌で勝負したとしたら、結果は後鳥羽院の圧勝だろう。なにしろこんな歌を詠んでいるのだから。

月すめば露を霜かとみやぎ野のこはぎが原はなほ秋のかぜ

『後鳥羽院御集』より。宮城野の小萩が原はなお秋の風ですよ。かっこいいなあ。宮城野は宮城県仙台市の東部にあった原野で、古代から歌枕として和歌に詠まれた場所だ。

小津夜景


【お知らせ】*画像から詳細ページにリンクします


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(…
  2. 地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子【季語=地吹雪(冬)】 …
  3. 母の日の義母にかなしきことを告ぐ 林誠司【季語=母の日(夏)】
  4. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  5. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】
  6. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  7. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  8. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】春待つ
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  3. 【#37】『愛媛 文学の面影』三部作受賞と愛媛新聞の高橋正剛さん
  4. 【春の季語】大試験
  5. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
  6. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】
  7. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  8. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月24日配信分】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎

Pickup記事

  1. 白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉【季語=白魚(春)】
  2. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  3. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  4. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】
  5. 【冬の季語】室の花
  6. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】
  7. 秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音【季語=秋草(秋)】
  8. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  9. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】
  10. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】
PAGE TOP