ハイクノミカタ

馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳


馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。

石松佳


石松佳の詩「絵の中の美濃吉」の一節を引いた。この詩が所載されている『針葉樹林』(思潮社・2020)の、その帯にも取り上げられている一節だ。「馬」や「喪失的にうつくしい」というところは、ともすれば懐かしい感じすらするのだけれど、「作文」という言葉を持ってきたことにかなりの凄みを感じる。

私は現代詩をそれほど読み込んでいないし、なので決して良い読者とは言えないのだけれど、いやだからこそというべきか、折に触れて『針葉樹林』を読み返す度におもしろく感じる点が新しく見つかっては嬉しくなる。

そうやって気づいたことを一度まとめておけたらと思っていたところに、郡司和斗さんから、本野櫻魚(★)さんと『焚火』という雑誌を創刊する旨、またその創刊号で読書会を企画するので私にゲストとして出て欲しいという旨の連絡をもらった。ありがたい依頼だった。それで我ながら結構頑張って喋った。読書会なのに一人で長く喋ってしまって迷惑をかけたかもしれない。本日(2022.05.29)、東京流通センター第一展示場で開催される「文学フリマ東京」で手に入れることができるそうなので、ぜひご笑覧頂きたい。

https://c.bunfree.net/c/tokyo34/24195

私はその刷り上がった『焚火』にまだ触れられてはいないのだけれど、たぶんきっといい仕上がりに違いない。

『針葉樹林』の「swimming school」という詩には、次のような瑞々しい一節がある。

夭さとは
森でしょうか、霊廟でしょうか
一竿の旗が翻り
swimmerたちの投身

俳句の短さの中で書いていると、やたらに言葉を「引き算」する癖がついてしまっていて無駄な表現はないか探してしまう。このほとんど病じみた観点(この観点は、言葉の誤用を取り締まりたがる日本語ポリスメンとか、マナー講師崩れが言いそうな教条主義を盲信してそれに乗っかることに痺れるほど快楽を感じてしまう信徒とかと相性がいいよなと常々思っている)から言葉を見ていくと、時に「一竿」という言葉の必要性を不意に測ってしまう。しかし、単に「旗が翻り」というよりも「一竿の旗」という方が、およそ白かろう旗のイメージがよく見える気がする。そしてまた「一竿の旗」という表現は、犬塚堯の詩「石油」の中にも出てくる。

驚くのは
道徳を仕上げて消えた王朝が
地下になお一竿の旗をもつことだ
そのとき僕は
湧き立つ新平野の秩序に入ってゆけるか
はじめて見る事実と虚偽を
直ちに区別できるか

犬塚のこの一節の極まりを、私はかつて石松と特に関わりのないものとして読んでいた。『焚火』の読書会のあとに、そういえばと思い出したことだ。

(★)「魚」の字体は、れんが部分が「大」。

安里琉太


【この詩が読める本はこちら↓】


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



安里琉太のバックナンバー】

>>〔34〕黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦
>>〔33〕露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな  攝津幸彦
>>〔32〕プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷
>>〔31〕いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
>>〔30〕切腹をしたことがない腹を撫で   土橋螢
>>〔29〕蟲鳥のくるしき春を不爲     高橋睦郎
>>〔28〕春山もこめて温泉の国造り    高濱虚子
>>〔27〕毛皮はぐ日中桜満開に      佐藤鬼房
>>〔26〕あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷
>>〔25〕鉛筆一本田川に流れ春休み     森澄雄
>>〔24〕ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒
>>〔23〕厨房に貝があるくよ雛祭    秋元不死男
>>〔22〕橘や蒼きうるふの二月尽     三橋敏雄
>>〔21〕詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女
>>〔20〕やがてわが真中を通る雪解川  正木ゆう子
>>〔19〕春を待つこころに鳥がゐて動く  八田木枯
>>〔18〕あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
>>〔17〕しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子
>>〔16〕かなしきかな性病院の煙出   鈴木六林男
>>〔15〕こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
>>〔14〕初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を
>>〔13〕氷上の暮色ひしめく風の中    廣瀬直人
>>〔12〕旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子
>>〔11〕休みの日晝まで霜を見てゐたり  永田耕衣

>>〔10〕目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】
  2. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  3. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】
  4. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】
  5. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】
  6. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】…
  7. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】
  8. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】

おすすめ記事

  1. 恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美【季語=葛湯(冬)】
  2. 【夏の季語】梅雨入
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
  4. 鵙の贄太古のごとく夕来ぬ 清原枴童【季語=鵙の贄(秋)】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第7回】
  6. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  7. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】
  8. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
  9. 【連載】歳時記のトリセツ(13)/関悦史さん
  10. 【春の季語】春菊

Pickup記事

  1. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】
  2. 【冬の季語】冬うらら
  3. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第12回】佐怒賀正美
  5. 【冬の季語】八手咲く
  6. 【冬の季語】おでん
  7. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  8. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデー 氷菓子
  9. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年11月分】
PAGE TOP