ハイクノミカタ

やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】


やがてわが真中を通る雪解川

正木ゆう子


句の細部に目が留まる前に、言葉の調子で読ませきってしまうようなところがある。言葉ひとつひとつを丹念に読みにかかる前に魅了してしまうというのは、やはり凄みがある。

斎藤史に「落日の石狩川は燃えながら少女のわれの中を流れき」という歌がある。「わが真中」と「少女のわれの中」は、それほど遠くないように思えるけれど、正木の句と斎藤の歌では手触りがかなり違う。斎藤の歌は「少女のわれ」を追憶の存在として対象化しているぶん、正木の句よりややノスタルジックな印象があり、その分リアルさもそのくらいに収まる感じがある。一方、正木の句は「雪解川」が眼前にあるようなリアルさ(無論、あるとも読めるわけだし、というか、多くの俳人は一句に詠み込まれた季語を眼前にあるものとして読むように思う。仮に歌人の読みが「私」を歌のコアに据える傾向があるとするならば、俳人は「季語」を読みのコアに据える傾向がある。季語は他の言葉よりも重みのある詩語という考えからいけば、やはり眼前にあるリアルなものと想定して読むだろう。また、「やがて」という措辞も眼前にある印象の一助となっている)によって「われ」が支えられている。そういうリアルさを担保する「雪解川」を「中」ではなく「真中」という言葉が引き受けたことにより、「われ」に中心点が立ち現れ、肉づいた印象が誘発されている。

この句には「われ」とは書かれているけれど、この「われ」にはそれほど手応えが感じられない。「われ」よりも「雪解川」の方がリアルというのは、やはり不思議である。ひどく冷たく厳しく輝かしい「雪解川」が、時期に「われ」の「真中」を流れる予感。そういう予感、あるいは予感の確信が述べられている。そして、その予感される「やがて」が今よりも「真実」であるように感じられる。私はあまり納得した試しがないのだが、こういうところから自然との一体化とか、巫女的なエロチシズムとか、そういう方向に読みを持っていく場合も多い。

山口優夢の「心臓はひかりを知らず雪解川」や神野紗希の「一字違いの子宮と地球雪解川」なども、この句の「雪解川」と近い付き筋である。自らの内側を空間的に捉える把握やその内側の暗さと「雪解川」の明るさとの関係。また、これらの句を思い出すとき、池田澄子の「ピーマン切って中を明るくしてあげた」も一緒に連想される。

安里琉太


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



安里琉太のバックナンバー】

>>〔19〕春を待つこころに鳥がゐて動く  八田木枯
>>〔18〕あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
>>〔17〕しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子
>>〔16〕かなしきかな性病院の煙出   鈴木六林男
>>〔15〕こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
>>〔14〕初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を
>>〔13〕氷上の暮色ひしめく風の中    廣瀬直人
>>〔12〕旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子
>>〔11〕休みの日晝まで霜を見てゐたり  永田耕衣
>>〔10〕目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 女房の化粧の音に秋澄めり 戸松九里【季語=秋澄む(秋)】
  2. 春暁のカーテンひくと人たてり 久保ゐの吉【季語=春暁(春)】
  3. 少し派手いやこのくらゐ初浴衣 草間時彦【季語=初浴衣(夏)】
  4. 草餅や不参遅参に会つぶれ 富永眉月【季語=草餅(春)】
  5. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】
  6. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】
  7. 蟭螟の羽ばたきに空うごきけり 岡田一実【季語=蟭螟(夏)】
  8. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(…

おすすめ記事

  1. 春の雁うすうす果てし旅の恋 小林康治【季語=春の雁(春)】
  2. 【春の季語】卒業歌
  3. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】
  4. 【秋の季語】西の虚子忌(西虚子忌)
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【18】服部崇
  6. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】
  7. 少し派手いやこのくらゐ初浴衣 草間時彦【季語=初浴衣(夏)】
  8. 【新年の季語】田遊
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼汀
  10. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年5 月分】
  2. 誰をおもひかくもやさしき雛の眉 加藤三七子【季語=雛(春)】
  3. 【冬の季語】年惜む
  4. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
  5. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬)】
  6. 【冬の季語】小春
  7. 【冬の季語】節分
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  9. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】
  10. 追ふ蝶と追はれる蝶の入れ替はる 岡田由季【季語=蝶(春)】
PAGE TOP