ハイクノミカタ

生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子【季語=初冬(冬)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

生きるの大好き冬のはじめが春に似て

池田澄子


『恒信風』のインタビュー記事で、池田澄子自身が、この句について次のように述べている。

池田 この間ちょっと引用して書いてくださった方が、お医者さんでね、割に俳句や短歌を読んでて、それを引用してエッセイを書いているんですよね、産経新聞かなにかに。それにとりあげてくださってたのを、とてもよくちゃんと読んでてくださってね、やっぱりわかるんだなあって思ったの。それは「生きるの大好き冬のはじめが春に似て」っていう句だったんだけど、「生きるの大好き」の裏に「大嫌い」があるっていうことでね、冬のはじめの春に似てるっていうことは、春に似ているけど冬なんだっていう、そのへんのこともちゃんと書いててくださって。

確かに、この句の「生きるの大好き」には、反対の「大嫌い」を意識してしまう。これは、池田澄子の人口に膾炙している他の句にも、例えば、「ピーマン切って中を明るくしてあげた」や「じゃんけんで負けて蛍に生まれたの」にも思われることだ。切られなければ、ピーマンの生まれながらに内蔵している暗さには、光はささなかった。じゃんけんに勝っていれば、別の何かに生まれていたのかもしれない。可能性の分水嶺とでも言おうか、そういう地点を思わされる。

(安里琉太)


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞



安里琉太のバックナンバー】
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
  2. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】
  3. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  4. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  5. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋…
  6. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  7. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】
  8. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP