ハイクノミカタ

青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】


青年鹿を愛せり嵐の斜面にて

金子兜太


「斜面」を「なぞえ」と読んで句がよく響く場合もあるが、この句としてはやはり「しゃめん」と読みたい感がある。

青年期の性の不安定性といったよく流布された言説に回収させるかたちで、この「青年」と「鹿」の関係を意味づけ終えてしまうのは面白くないし、それをエキゾチックな関係として恍惚と味わわんとするエロティシズムの底の浅さが、たまらなくうすら寒く感じる。

こうした方向の読みを選択した場合、その関係に伴って「嵐」や「斜面」も不安定性の象徴として事を得てしまい、また、なにより「鹿」が「動物」であることと大して変わらないようなかたちで平板に読み置かれるように、そのように読みの中で処理されやすいように思う。ここに平板化された「鹿」には、実に人間中心的な立場から動物たちを考え、その個々の特殊性を抹消し、一様化して「他者」に据えるような安直な読みの姿勢が露呈されているように思われる。

いや、またはこうした読みを誰が行い、そこで動物やジェンダーに関する如何様な言説が再構築され、何が強固に守られてきたのかを問うべきだろうか。動物とジェンダーの観点から俳句が捉えなおされるようなことがあれば、とても面白いのだが。

(安里琉太)


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞



安里琉太のバックナンバー】
>>〔4〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋…
  2. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】
  3. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】
  4. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】
  5. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】
  6. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】
  7. 纐纈の大座布団や春の宵 真下喜太郎【季語=春の宵(春)】
  8. 新涼やむなしく光る貝釦 片山由美子【季語=新涼(秋)】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第39回】石井隆司
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
  3. 【夏の季語】夏の月
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(4)/中西亮太さん
  5. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  6. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】
  7. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年2月分】
  9. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  10. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】芋虫
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第18回】塩竈と佐藤鬼房
  3. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】
  4. 【冬の季語】湯ざめ(湯冷め)
  5. 【秋の季語】吾亦紅
  6. きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】
  7. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  8. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】
  9. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月29日配信分】
PAGE TOP