ハイクノミカタ

青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】


青年鹿を愛せり嵐の斜面にて

金子兜太


「斜面」を「なぞえ」と読んで句がよく響く場合もあるが、この句としてはやはり「しゃめん」と読みたい感がある。

青年期の性の不安定性といったよく流布された言説に回収させるかたちで、この「青年」と「鹿」の関係を意味づけ終えてしまうのは面白くないし、それをエキゾチックな関係として恍惚と味わわんとするエロティシズムの底の浅さが、たまらなくうすら寒く感じる。

こうした方向の読みを選択した場合、その関係に伴って「嵐」や「斜面」も不安定性の象徴として事を得てしまい、また、なにより「鹿」が「動物」であることと大して変わらないようなかたちで平板に読み置かれるように、そのように読みの中で処理されやすいように思う。ここに平板化された「鹿」には、実に人間中心的な立場から動物たちを考え、その個々の特殊性を抹消し、一様化して「他者」に据えるような安直な読みの姿勢が露呈されているように思われる。

いや、またはこうした読みを誰が行い、そこで動物やジェンダーに関する如何様な言説が再構築され、何が強固に守られてきたのかを問うべきだろうか。動物とジェンダーの観点から俳句が捉えなおされるようなことがあれば、とても面白いのだが。

(安里琉太)


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞



安里琉太のバックナンバー】
>>〔4〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】
  2. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】
  3. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  4. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  5. 左義長のまた一ところ始まりぬ 三木【季語=左義長(新年)】
  6. 蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に 林雅樹【季語=蝌蚪(春)】
  7. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  8. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】…

おすすめ記事

  1. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】
  2. えりんぎはえりんぎ松茸は松茸 後藤比奈夫【季語=松茸(秋)】
  3. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  4. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#02】猫を撮り始めたことについて
  6. 葱白く洗ひたてたるさむさ哉 芭蕉【季語=葱(冬)】
  7. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】
  8. 【新年の季語】成人の日
  9. 【春の季語】海苔
  10. 【冬の季語】日向ぼこ

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  2. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  3. 【新連載】「ゆれたことば」#1「瓦礫」千倉由穂
  4. 手を入れてみたき帚木紅葉かな 大石悦子【季語=紅葉(秋)】
  5. 【秋の季語】西の虚子忌(西虚子忌)
  6. 【新年の季語】初詣
  7. 【新年の季語】小正月
  8. 恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子【季語=紅葉(秋)】
  9. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第4回
  10. 船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟【季語=梅雨(夏)】
PAGE TOP