ハイクノミカタ

昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎


昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ

佐藤佐太郎


「時の感じ」というのが良い。舌足らずというより、言い表したくとも言葉としていまいち何といっていいか迷う感覚を、ぐっと掴み出してきたような凄みがある。

「時の感じ既に無くなりて」→「歩みをとどむ」という展開は、よくわかりすぎるという気がしないでもないけれど、そこで驚かせる歌というより、その後に残る感慨を読ませたい歌なのだろう。「昼ごろより時の感じ既に無くなりて」があって、「樹立のなかに歩みをとどむ」はあんまり主張させず、添えて流したような、力の抜けたような措辞として思った。

冬になると佐太郎が読みたくなる。

「苦しみて生きつつをれば枇杷の花終りて冬の後半となる」や「金の眼をしたる牝猫(めねこ)が曇りつつ寒き昼すぎの畳をあるく」など、このほかにも冬の秀歌がたくさんある。冬の昼の明るさやさびしさが、歌の息づいている感じととてもよく響く。

昼の歌をもう少し挙げるなら、「汽車の車輪の澄みしひびきが思ひがけず昼の事務室にきこえくる時」というのも好きだ。最後の「時」という止め方はどうなのだろう。私としては「きこえ来たれり」とさらっと流す手もありではないかと考えたが、やはり「時」の感じが詠みたかったのだろうか。

夏の昼であれば、「つるし置く塩鱒ありて暑きひる黄のしづくまれに滴るあはれ」というのがある。「あはれ」という感慨よりも、「黄のしづく」の方に体重が乗っている歌に思える。

(安里琉太)


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞



安里琉太のバックナンバー】
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】…
  2. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(…
  3. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  4. 星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(…
  5. 仕切り繰返す間も掃き五月場所 鷹羽狩行【季語=五月場所(夏)】
  6. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】
  7. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  8. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】注連の内
  2. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  3. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第40回】青木亮人
  5. 台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦【季語=台風(秋)】
  6. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
  8. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  9. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】
  10. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)

Pickup記事

  1. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第49回】岸本尚毅
  3. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】
  4. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  5. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田杏子
  7. いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月4日配信分】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第122回】樫本由貴
  10. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)
PAGE TOP