季語・歳時記

【春の季語】初蝶

【ミニ解説】

その年はじめて見る蝶々のこと。

「蝶」だけでも春の季語となりますが、「初蝶」というと、春がきざしてくる喜びがいっそう感じられる。


【初蝶(上五)】
初蝶来何色と問ふ黄と答ふ 高濱虚子
初蝶の死してそれより蝶の春  鈴木鷹夫
初蝶の輝く翼受胎告ぐ  有馬朗人
初蝶の舞ふといふより告げ渡る  西村和子
初蝶に息吹きかけて消すといふ  岩淵喜代子
初蝶や死んでゐる木に喰はれたる 鳥居真里子
初蝶のニクロム線の匂ひかな 山口昭男
初蝶や海見るときの海の揺れ 片山一行
初蝶は音なく猫に食はれけり 鈴木牛後
初蝶のはや一蝶をともなへる 村上鞆彦
初蝶やネクタイ固く職を欲る  村上鞆彦
初蝶にぶつかりさうに歩きけり 高浦銘子

【初蝶(中七)】
毎年の初蝶の心細さよ   池田澄子

【初蝶(下五)】
縞馬の縞の中より初蝶来  今井聖
すこし吐きすこし呑む水初蝶来 田中亜美


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬川
  2. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  3. 【春の季語】紅梅
  4. 【新年の季語】門松
  5. 【夏の季語】麦茶/麦湯
  6. 【春の季語】チューリップ
  7. 【夏の季語】水中花/酒中花
  8. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】蛇穴に入る
  2. 【夏の季語】七月
  3. 【#28】愛媛県の岩松と小野商店
  4. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  5. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  6. 古暦金本選手ありがたう 小川軽舟【季語=古暦(冬)】
  7. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  8. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】
  9. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  10. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第50回】望月周
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年9月分】
  3. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
  4. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット
  5. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  6. 【春の季語】夜桜
  7. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  8. 【春の季語】うららか
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年6月分】
  10. 夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】
PAGE TOP