季語・歳時記

【秋の季語】団栗

【秋の季語=晩秋(10月)】団栗

クヌギの実を代表とし、ナラ、カシワなどを含んだブナ科の実を指します。実は褐色で丸く、「どんぐりころころ」という童謡のほか、団栗独楽などの玩具として子どもに広く親しまれています。


【団栗(上五)】
団栗を掃きこぼし行く箒かな 高浜虚子
どんぐりを手に忘却の詩はかなし 小泉宇涯
団栗の葎に落ちてくゞる音 鈴木花蓑
団栗や敗れし神を祀りけり 鎌田俊
団栗の打つて我が家の屋根古ぶ 右白暮石
どんぐりの青い実空に自由律 鳥巣徳子
団栗にまだ傷のなき光かな 神野紗季
団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一

【団栗(中七)】
霊園の団栗はみな潰れゐる 田川飛旅子
この道は団栗道といふべしや 宇田零雨
黝づめる団栗そらをさびしくす 福永耕二
死も生も知らずどんぐりみなまろし 長谷川知孝
結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子

【団栗(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】流氷
  2. 【冬の季語】忘年会
  3. 【冬の季語】室の花
  4. 【春の季語】夕桜
  5. 【冬の季語】聖夜劇
  6. 【秋の季語】鴨来る
  7. 【冬の季語】マフラー
  8. 【新年の季語】松飾る

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】水洟
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨
  3. 【秋の季語】草の花
  4. 長き夜の四人が実にいい手つき 佐山哲郎【季語=長き夜 (秋)】
  5. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  6. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  7. 【#23】懐かしいノラ猫たち
  8. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第70回】 浅草と久保田万太郎
  10. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】

Pickup記事

  1. 聞えない耳なら石榴ぶらさげよ 金原まさ子【季語=石榴(秋)】
  2. 【春の季語】春寒
  3. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】
  4. 【冬の季語】冬麗
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  6. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  7. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】
  8. 【冬の季語】襟巻
  9. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  10. 【新年の季語】人の日
PAGE TOP