季語・歳時記

【秋の季語】団栗

【秋の季語=晩秋(10月)】団栗

クヌギの実を代表とし、ナラ、カシワなどを含んだブナ科の実を指します。実は褐色で丸く、「どんぐりころころ」という童謡のほか、団栗独楽などの玩具として子どもに広く親しまれています。


【団栗(上五)】
団栗を掃きこぼし行く箒かな 高浜虚子
どんぐりを手に忘却の詩はかなし 小泉宇涯
団栗の葎に落ちてくゞる音 鈴木花蓑
団栗や敗れし神を祀りけり 鎌田俊
団栗の打つて我が家の屋根古ぶ 右白暮石
どんぐりの青い実空に自由律 鳥巣徳子
団栗にまだ傷のなき光かな 神野紗季
団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一

【団栗(中七)】
霊園の団栗はみな潰れゐる 田川飛旅子
この道は団栗道といふべしや 宇田零雨
黝づめる団栗そらをさびしくす 福永耕二
死も生も知らずどんぐりみなまろし 長谷川知孝
結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子

【団栗(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  2. 【夏の季語】花火
  3. 【冬の季語】白鳥
  4. 【冬の季語】枇杷の花
  5. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  6. 【秋の季語】良夜
  7. 【夏の季語】【秋の季語】原爆忌/広島忌 長崎忌
  8. 【冬の季語】納豆

おすすめ記事

  1. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
  2. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】
  3. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  4. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  5. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD
  6. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」いくらの醤油漬け
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  10. 【秋の季語】草の花

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第7回】大塚凱
  3. 「けふの難読俳句」【第5回】「蹇」
  4. 【新年の季語】二日
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  6. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由
  7. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【後編】
  8. 【冬の季語】冬銀河
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
  10. 初旅の富士より伊吹たのもしき 西村和子【季語=初旅(新年)】
PAGE TOP