季語・歳時記

【春の季語】子猫

【春の季語=晩春(4月)】子猫

晩春に生まれた猫の子のこと。

早春に発情期を迎え(=「猫の恋」)、身ごもった猫は晩春に子を産む。

飼い猫、捨て猫、野良猫などがあり、その幼い姿は可愛いだけでなく哀れみを誘うことも。

「仔」を使って「仔猫」と表記することもある。

また、「猫の子」とも。


【子猫(上五)】
子猫愛して志那文学の教授たり 宇田零雨
子猫ねむしつかみ上げられても眠る 日野草城
わが仔猫神父の黒き裾におる 平畑静塔

【子猫(中七)】
もう既に子猫が申す好き嫌ひ 有馬朗人
眉目悪しき子猫一疋残りけり 大西紅女
てのひらの仔猫けむりのやうにゐる 富川明子
野球帽に入れて子猫を隣家まで 池田澄子
かたまりより仔猫の形摑み出す 小川軽舟
石拾ふやうに子猫を拾ひけり 吉田哲二
引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽 

【子猫(下五)】
スリッパを越えかねてゐる仔猫かな 高浜虚子
明るさの這ひくる方へ仔猫這ふ 中村草田男
スポイトにしがみつきたる子猫かな 金子敦



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】蛍
  2. 【冬の季語】息白し
  3. 【冬の季語】ラグビー
  4. 【秋の季語】星月夜
  5. 【冬の季語】冬滝
  6. 【冬の季語】冬の蝶
  7. 【春の季語】うらら
  8. 【春の季語】春の夢

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子
  2. 十薬の蕊高くわが荒野なり 飯島晴子【季語=十薬(夏)】
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
  4. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  5. 【春の季語】鳥曇
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  7. 【#21】中国大連の猫
  8. 永遠に下る九月の明るい坂 今井聖【季語=九月(秋)】
  9. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】蕪
  2. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】
  3. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  4. 【秋の季語】残暑
  5. 藁の栓してみちのくの濁酒 山口青邨【季語=濁酒(秋)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  8. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  9. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【9】/小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)
  10. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
PAGE TOP