季語・歳時記

【春の季語】子猫

【春の季語=晩春(4月)】子猫

晩春に生まれた猫の子のこと。

早春に発情期を迎え(=「猫の恋」)、身ごもった猫は晩春に子を産む。

飼い猫、捨て猫、野良猫などがあり、その幼い姿は可愛いだけでなく哀れみを誘うことも。

「仔」を使って「仔猫」と表記することもある。

また、「猫の子」とも。


【子猫(上五)】
子猫愛して志那文学の教授たり 宇田零雨
子猫ねむしつかみ上げられても眠る 日野草城
わが仔猫神父の黒き裾におる 平畑静塔

【子猫(中七)】
もう既に子猫が申す好き嫌ひ 有馬朗人
眉目悪しき子猫一疋残りけり 大西紅女
てのひらの仔猫けむりのやうにゐる 富川明子
野球帽に入れて子猫を隣家まで 池田澄子
かたまりより仔猫の形摑み出す 小川軽舟
石拾ふやうに子猫を拾ひけり 吉田哲二
引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽 

【子猫(下五)】
スリッパを越えかねてゐる仔猫かな 高浜虚子
明るさの這ひくる方へ仔猫這ふ 中村草田男
スポイトにしがみつきたる子猫かな 金子敦



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬野
  2. 【毛の俳句】
  3. 【春の季語】流氷
  4. 【秋の季語】林檎
  5. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十…
  6. 【夏の季語】涼しさ
  7. 【冬の季語】人参
  8. 【新年の季語】注連の内

おすすめ記事

  1. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  2. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】
  4. 【イベントのご案内】第4回 本の作り手と読む読書会 ~漢詩の〈型〉を旅する夜~
  5. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】
  6. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】
  7. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  8. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第12回】
  9. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈

Pickup記事

  1. 秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子【季語=秋風(秋)】
  2. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第64回】 富山と角川源義
  5. 死因の一位が老衰になる夕暮れにイチローが打つきれいな当たり 斉藤斎藤
  6. 古暦金本選手ありがたう 小川軽舟【季語=古暦(冬)】
  7. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  8. 【秋の季語】長薯/薯蕷
  9. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】
  10. 【夏の季語】父の日
PAGE TOP