季語・歳時記

【秋の季語】秋草

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】秋草

秋に花の咲く草の総称。

クズ、ススキ、キキョウ、オミナエシなど、と辞書にはあるが、これらはいずれも「秋の季語」となっているため、「名もなき秋の草花」だったりもする。

下五で用いられるときは「秋の草」とすることが多め。


【秋草(上五)】
秋草の押し花遺りて妻の忌や 伊藤信吉
あきくさをごつたにつかね供へけり(友田恭介七回忌) 久保田万太郎
秋草を活けかへてまた秋草を 山口青邨
秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人
秋草を生け林火忌の一人句座 村越化石
秋草を活けて机上に風生れ 鷹羽狩行
秋草をひもとくごとく分けて坐す 鷹羽狩行
秋草の思ひ思ひに淋しいぞ 島村 元
秋草や妻の形見の犬も老い 本井 英
秋草をねぢり取りたる牛の舌 柴田佐知子
秋草を踏んで集まる朝の弥撒 井上弘美
秋草の近づけばみな花つけて 岩田由美
秋草のわけても河原菅菜なる 対中いずみ
秋草のいづれも供花として立ちぬ 櫂未知子
秋草に音楽祭の椅子を足す 津川絵理子
秋草のなかに黒猫身構える 杉浦圭祐
秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音
秋草の饐えゆく銃弾とブルカ 神野紗希
秋草の不意に相寄るこゑなりき 生駒大祐

【秋草(中七)】
身に靡き入る秋草を追うだけだ 永田耕衣
ふるさとの秋草高き駅に佇つ 桂信子
風草といふ秋草はけぶるなり 相生垣瓜人
なびく秋草地を踏みしめて顔合す 飯田龍太 
乳の瓶へさすに秋草あまりけり 大野林火
君の庭はや秋草でありにけり 加藤郁乎
風置いて来し秋草の活けらるる 稲畑汀子
雑草といひ秋草といひかへし 稲畑汀子
等身の秋草を過ぎ逢曳す 鷹羽狩行
吹かれ吹かれて秋草となりにけり 福井隆子 
ふかく眠りぬ秋草の生けあれば 小澤實
かなしみと呼ぶ秋草の冠を 杉山久子

【秋草(下五)】
妹と夫婦めく秋草 尾崎放哉
虚子句集置く極北の秋草に 山口青邨
流鏑馬の逸れたる一矢秋草に 松本旭
真っ白な番の蝶よ秋草に 木村丹乙



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】クリスマス
  2. 【冬の季語】枯野
  3. 【春の季語】杉の花
  4. 【冬の季語】凍蝶
  5. 【春の季語】春寒し
  6. 【新年の季語】初夢
  7. 【春の季語】春雪
  8. 【夏の季語】夏の蝶

おすすめ記事

  1. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  2. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】
  3. 秋櫻子の足あと【第7回】谷岡健彦
  4. 【春の季語】月朧
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  6. 【春の季語】雛
  7. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】
  8. 【冬の季語】春隣
  9. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
  10. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】

Pickup記事

  1. 凩の会場へ行く燕尾服  中田美子【季語=凩(冬)】
  2. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】
  3. 【冬の季語】冬立つ
  4. 蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に 林雅樹【季語=蝌蚪(春)】
  5. 【冬の季語】マフラー
  6. 麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜 飯田蛇笏【季語=夏めく(夏)】
  7. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
  8. 【イベントのご案内】第4回 本の作り手と読む読書会 ~漢詩の〈型〉を旅する夜~
  9. みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子【季語=冬瀧(冬)】
  10. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
PAGE TOP