季語・歳時記

【春の季語】野に遊ぶ

【春の季語=晩春(4月)】野に遊ぶ

「野遊」の動詞形として、上五や下五に用いられることが多い。

類題としては「踏青」や「青き踏む」がある。

春彼岸」の時期ということもあり、墓と取り合わせた句も案外、多い。


【野に遊ぶ(上五)】
野に遊びたるだけのこと誕生日 大橋敦子

【野に遊ぶ(中七)】
貫之のあそびたる野に遊びけり 稲荷島人

【野に遊ぶ(下五)】
人と灯を恋うて戻るや野に遊び 森澄雄
しばらくは来れぬと思ふ野に遊ぶ 山内山彦
むかし兵たりし身を伏せ野に遊ぶ 辻田克巳
(Cf. 野遊びの皆伏し彼等兵たりき 西東三鬼)
亡き母の乗る浮雲と野に遊ぶ 山田弘子

【ほかの季語と】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】今朝の冬
  2. 【春の季語】卒業す
  3. 【夏の季語】百合
  4. 【夏の季語】昼寝
  5. 【新年の季語】小正月
  6. 【冬の季語】白息
  7. 【冬の季語】鬼やらう
  8. 【夏の季語】入梅

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー5】 北九州市・八幡と山口誓子
  2. 【春の季語】惜春
  3. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#09】アメリカの大学とBeach Boys
  5. とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子【季語=春灯(春)】 
  6. 【冬の季語】室の花
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  8. 【夏の季語】蜘蛛の糸
  9. 秋灯机の上の幾山河 吉屋信子【季語=秋灯(秋)】
  10. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】春二番
  2. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  3. 火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子【季語=火事(冬)】
  4. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  5. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
  6. 【#32】『教養としての俳句』の本作り
  7. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
  8. 卒業歌ぴたりと止みて後は風 岩田由美【季語=卒業歌(春)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第18回】塩竈と佐藤鬼房
  10. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第1回】
PAGE TOP