季語・歳時記

【春の季語】野に遊ぶ

【春の季語=晩春(4月)】野に遊ぶ

「野遊」の動詞形として、上五や下五に用いられることが多い。

類題としては「踏青」や「青き踏む」がある。

春彼岸」の時期ということもあり、墓と取り合わせた句も案外、多い。


【野に遊ぶ(上五)】
野に遊びたるだけのこと誕生日 大橋敦子

【野に遊ぶ(中七)】
貫之のあそびたる野に遊びけり 稲荷島人

【野に遊ぶ(下五)】
人と灯を恋うて戻るや野に遊び 森澄雄
しばらくは来れぬと思ふ野に遊ぶ 山内山彦
むかし兵たりし身を伏せ野に遊ぶ 辻田克巳
(Cf. 野遊びの皆伏し彼等兵たりき 西東三鬼)
亡き母の乗る浮雲と野に遊ぶ 山田弘子

【ほかの季語と】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  2. 【春の季語】蝶生る
  3. 【秋の季語】野菊
  4. 【冬の季語】小六月
  5. 【秋の季語】秋の空
  6. 【冬の季語】鯛焼
  7. 【冬の季語】寒さ
  8. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)

おすすめ記事

  1. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
  2. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年10月分】
  4. 【夏の季語】涼しさ
  5. 戸隠の山より風邪の神の来る 今井杏太郎【季語=風邪(冬)】
  6. 【夏の季語】蜘蛛
  7. 【春の季語】春一番
  8. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
  9. 新婚のすべて未知数メロン切る 品川鈴子【季語=メロン(夏)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第42回】 山中湖と深見けん二

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
  2. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】
  3. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】
  4. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  5. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  6. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  7. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】
  8. 【冬の季語】納豆
  9. 【春の季語】白椿
  10. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】
PAGE TOP