冬の季語

【冬の季語】咳

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】咳

風邪」の一症状。しばしば「鼻水」や頭痛などを伴う。

「せき」と二音で読むこともあれば、「しわぶき」と四音で読むこともある。

また、「咳く」と動詞で使われることもあり、「せく」「しわぶく」と音数に従って読み分ける。

免疫が落ちやすい冬には、感染防止のためには「マスク」の着用も推奨される。


【咳(上五)】
咳の子のなぞなぞあそびきりもなや 中村汀女
咳をして言ひ途切れたるままのこと 細見綾子
火の咳を吐き水の咳溜めて反る 林田紀音夫
太き咳して幼年は少年に  相子智恵

【咳(中七)】
妻の留守ひとりの咳をしつくしぬ 日野草城
ジャズの中咳を落してわが過ぎぬ 石田波郷
トランシーバーまづ咳を伝えけり  石原ユキオ

【咳(下五)】
接吻もて映画は閉ぢぬ咳満ち満つ 石田波郷
そこここに虚子嫌ひゐて咳払ひ 鷹羽狩行

【ほかの季語と】
軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】初厨
  2. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  3. 【秋の季語】芋虫
  4. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  5. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  6. 【秋の季語】秋薔薇
  7. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  8. 【夏の季語】シャワー

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第49回】岸本尚毅
  2. 土のこと水のこと聞き苗を買ふ 渡部有紀子【季語=苗を買ふ(春)】
  3. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】
  4. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  5. 流氷や宗谷の門波荒れやまず 山口誓子【季語=流氷(春)】
  6. 金魚大鱗夕焼の空の如きあり 松本たかし【季語=金魚(夏)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年4月分】
  8. 神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】
  9. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  10. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−3】 広島と西東三鬼
  2. 南浦和のダリヤを仮のあはれとす 摂津幸彦【季語=ダリヤ(夏)】
  3. 寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼【季語=寒木(冬)】
  4. 不健全図書を世に出しあたたかし 松本てふこ【季語=あたたか(春)】 
  5. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
  6. 大氷柱折りドンペリを冷やしをり 木暮陶句郎【季語=氷柱(冬)】
  7. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】
  8. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】
  9. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
PAGE TOP