冬の季語

【冬の季語】咳

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】咳

風邪」の一症状。しばしば「鼻水」や頭痛などを伴う。

「せき」と二音で読むこともあれば、「しわぶき」と四音で読むこともある。

また、「咳く」と動詞で使われることもあり、「せく」「しわぶく」と音数に従って読み分ける。

免疫が落ちやすい冬には、感染防止のためには「マスク」の着用も推奨される。


【咳(上五)】
咳の子のなぞなぞあそびきりもなや 中村汀女
咳をして言ひ途切れたるままのこと 細見綾子
火の咳を吐き水の咳溜めて反る 林田紀音夫
太き咳して幼年は少年に  相子智恵

【咳(中七)】
妻の留守ひとりの咳をしつくしぬ 日野草城
ジャズの中咳を落してわが過ぎぬ 石田波郷
トランシーバーまづ咳を伝えけり  石原ユキオ

【咳(下五)】
接吻もて映画は閉ぢぬ咳満ち満つ 石田波郷
そこここに虚子嫌ひゐて咳払ひ 鷹羽狩行

【ほかの季語と】
軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春の泥
  2. 【秋の季語】秋風
  3. 【夏の季語】海の家
  4. 【春の季語】惜春
  5. 【新年の季語】注連の内
  6. 【春の季語】囀る
  7. 【春の季語】三月
  8. 【新年の季語】左義長

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月9日配信分】
  2. 【夏の季語】蜘蛛
  3. 【新年の季語】初旅
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年4月分】
  5. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  6. 【冬の季語】冬眠
  7. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】
  8. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  9. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  10. 【夏の季語】昼寝/午睡 三尺寝 昼寝覚

Pickup記事

  1. 【冬の季語】春を待つ
  2. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  3. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  4. 【冬の季語】セーター
  5. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
  6. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】
  7. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  9. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  10. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
PAGE TOP