季語・歳時記

【春の季語】蜃気楼

【春の季語=晩春(4月)】蜃気楼

光の屈折により、遠くの景色が伸びたり反転したりして、実際とは違う景色に見える現象。伝説の「蜃」と呼ばれる想像上の生き物が、気を吐いて楼閣を現すと考えられたことから蜃気楼と呼ばれるようになった。

浮島、蓬莱山、海市、山市、蜃市、貝櫓、喜見城、善見城などとさまざまに呼称されるが、俳句の季語としては「海市」がわりあいによく使われる。

江戸時代から蜃気楼の名所として知られるのは、富山県の「魚津」であり、当地ではこの時期に「しんきろうマラソン」が開催されている。


【蜃気楼(上五)】
蜃気楼博士ばかりが現れし 阪西敦子

【蜃気楼(中七)】

【蜃気楼(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】鷹鳩と化す
  2. 【冬の季語】白息
  3. 【冬の季語】今朝の冬
  4. 【秋の季語】長薯/薯蕷
  5. 【春の季語】桜蘂降る
  6. 【春の季語】涅槃絵図
  7. 【春の季語】石鹸玉
  8. 【冬の季語】忘年

おすすめ記事

  1. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第18回】塩竈と佐藤鬼房
  3. 【夏の季語】夏至
  4. 【#23】懐かしいノラ猫たち
  5. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】
  6. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】
  7. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮
  8. 【新年の季語】嫁が君
  9. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデー 氷菓子
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月26日配信分】

Pickup記事

  1. 「けふの難読俳句」【第4回】「毳」
  2. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#3】
  3. いぬふぐり昔の恋を問はれけり 谷口摩耶【季語=いぬふぐり(春)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  5. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】
  6. 動かない方も温められている 芳賀博子
  7. やゝ寒し閏遅れの今日の月 松藤夏山【季語=今日の月 (秋)】
  8. 子規逝くや十七日の月明に 高浜虚子【季語=月明(秋)】
  9. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【15】/上野犀行(「田」)
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年11月分】
PAGE TOP