冬の季語

【冬の季語】嚏(嚔)

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】嚏(嚔)

鼻腔内や口腔内から体内に侵入しようとする異物やウィルスを空気と一緒に吹き飛ばして排出しようとする、生体の防御反応のひとつ。「風邪」の一症状として、冬の季語となっている。

中年以上の男性が周囲を脅かすほどの大きさでくしゃみをするのは、抑えるための筋力が衰えてきて、かつ恥じらうという気持ちが低下するから、といわれている。

「嚏」という字は「くさめ」「くしゃみ」と読むほか、「はなひり」という言い方もある。


【嚔(上五)】
くさめして我はふたりに分れけり 阿部青鞋
嚏して東京駅をおどろかす 乾鉄片子
くさめせり生れて一日目の嚏 辻田克巳
嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子
嚏して笑ふ子どもと二人きり 田口茉於
くしやみしてぷるんと魚に戻りけり 成田一子
くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子

【嚔(中七)】
つづけさまに嚔して威儀くづれけり 高濱虚子
数へられゐたるくつさめ三つまで 伊藤白潮
宇宙にも人ゐて嚔立て続け 今瀬剛一
保育器の中でくさめをしてをりぬ 抜井諒一
おじさんのくしゃみに滅ぶ星一つ 酒井おかわり

【嚔(下五)】
哲学も科学も寒き嚔哉 寺田寅彦
美しき眼をとりもどす嚏の後 小川双々子
現身の暈顕れしくさめかな 真鍋呉夫
許されてゐる昼酒の大くさめ 榎本好宏
汁の椀はなさずおほき嚔なる 中原道夫
ゲルニカの牛の貌めく嚔まへ 成田一子

【その他の季語と】
水鼻にくさめなりけり菊紅葉 宝井其角
くさめして見失ふたる雲雀哉 横井也有
風花は千万くさめ一つ出づ 堀口星眠
炉話の鼻をこそぐる嚏かな 阿波野青畝
炎天の馬くさめせり瓦斯行きて 田川飛旅子
山に向きくさめ一つの冬谺 村越化石


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】大寒
  2. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  3. 【冬の季語】湯ざめ(湯冷め)
  4. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  5. 【春の季語】恋猫
  6. 【春の季語】早春
  7. 【冬の季語】雪兎
  8. 【夏の季語】海の日

おすすめ記事

  1. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
  2. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】
  3. 【春の季語】春風
  4. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】
  5. 【秋の季語】末枯る
  6. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(13)/関悦史さん
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】
  10. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】

Pickup記事

  1. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  3. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】
  4. 【新年の季語】歌留多
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外―4】 奥武蔵・山毛欅峠と石田波郷
  6. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 
  7. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え
  9. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  10. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
PAGE TOP