冬の季語

【冬の季語】鯛焼

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】鯛焼

鯛を形とった金属製焼き型で焼いて作られる、餡入りで小麦粉主体の和菓子。


【鯛焼(上五)】
鯛焼やひと足ごとに日の暮れし 亀田虎童子
鯛焼といふ詫び状に似たるもの 佐藤郁良
鯛焼や雨の端から晴れてゆく 小川楓子
鯛焼をかたかた焼いて忙しき 西村麒麟
鯛焼を割って私は君の母 神野紗希
鯛焼や晴れただけでは見えない島 大塚凱
鯛焼や友呼べば手を挙げて来し 越智友亮

【鯛焼(中七)】
三振の子に鯛焼を食はせけり 井出野浩貴

【鯛焼(下五)】
信号の青に誘はれ鯛焼屋 中西夕紀


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】小六月
  2. 【秋の季語】台風(颱風)
  3. 【夏の季語】昼顔/浜昼顔
  4. 【冬の季語】冬薔薇
  5. 【冬の季語】蓮根
  6. 【秋の季語】秋気
  7. 【冬の季語】節分会
  8. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】バナナ
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第13回】
  3. 【冬の季語】冬日
  4. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】
  5. 秋茄子の漬け色不倫めけるかな 岸田稚魚【季語=秋茄子(秋)】
  6. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  7. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】
  8. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)】
  9. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  10. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】

Pickup記事

  1. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  2. 谺して山ほととぎすほしいまゝ 杉田久女【季語=ほととぎす(夏)】
  3. 忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介【季語=忘年会(冬)】
  4. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(16)/宮本佳世乃さん
  6. ビーフストロガノフと言へた爽やかに 守屋明俊【季語=爽やか(秋)】
  7. 迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 中嶋憲武
  8. 一年の颯と過ぎたる障子かな 下坂速穂【季語=障子(冬)】
  9. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】
  10. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
PAGE TOP