夏の季語

【夏の季語】夏至

太陽黄経が90度のときで6月20日、21日ごろ。

二十四節気の第10番目にあたり、北半球ではこの日が1年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が長くなる。南半球では逆に、北半球の夏至の日に最も昼の時間が短くなる。

日本においては旧暦の5月に必ず含まれることになっていた。「梅雨」の最中である。

逆に1年のうちで最も昼の時間が短くなる日は「冬至」。


【夏至(上五)】
夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏
夏至の日のオペラグラスに嘆きの場  菊田一平

【夏至(中七)】
ぼんやりと夏至を過せり脹脛 佐藤鬼房
子ら失せて夏至の夕日がいつまでも 三浦亜紀子

【夏至(下五)】
地下鉄にかすかな峠ありて夏至 正木ゆう子
エッシャーの階段降りつ昇りつ夏至 有澤榠樝
水槽に殻脱ぐ蝦も雨の夏至 若林哲哉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】忘年会
  2. 【冬の季語】小春日和
  3. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  4. 【冬の季語】襟巻
  5. 【冬の季語】手袋
  6. 【夏の季語】梅雨の月
  7. 【秋の季語】後の月
  8. 【夏の季語】昼顔/浜昼顔

おすすめ記事

  1. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
  2. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
  3. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】
  4. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】
  5. 【冬の季語】鬼やらう
  6. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  8. 南浦和のダリヤを仮のあはれとす 摂津幸彦【季語=ダリヤ(夏)】
  9. 多国籍香水六時六本木 佐川盟子【季語=香水(夏)】
  10. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  2. 傾けば傾くまゝに進む橇     岡田耿陽【季語=橇(冬)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月5日配信分】
  4. 【冬の季語】梅探る
  5. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第20回】竹内宗一郎
  7. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【後編】
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  9. 【冬の季語】水洟
  10. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
PAGE TOP