夏の季語

【夏の季語】夏至

太陽黄経が90度のときで6月20日、21日ごろ。

二十四節気の第10番目にあたり、北半球ではこの日が1年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が長くなる。南半球では逆に、北半球の夏至の日に最も昼の時間が短くなる。

日本においては旧暦の5月に必ず含まれることになっていた。「梅雨」の最中である。

逆に1年のうちで最も昼の時間が短くなる日は「冬至」。


【夏至(上五)】
夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏
夏至の日のオペラグラスに嘆きの場  菊田一平

【夏至(中七)】
ぼんやりと夏至を過せり脹脛 佐藤鬼房
子ら失せて夏至の夕日がいつまでも 三浦亜紀子

【夏至(下五)】
地下鉄にかすかな峠ありて夏至 正木ゆう子
エッシャーの階段降りつ昇りつ夏至 有澤榠樝
水槽に殻脱ぐ蝦も雨の夏至 若林哲哉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】草の花
  2. 【春の季語】涅槃図
  3. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  4. 【夏の季語】梅雨明
  5. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場…
  6. 【冬の季語】蓮根
  7. 【冬の季語】聖樹
  8. 【冬の季語】襟巻

おすすめ記事

  1. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第2回】
  3. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  4. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【後編】
  5. 昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子【季語=昼顔(夏)】
  6. 【春の季語】猫の恋
  7. 【第3回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 成田一子さん)
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第66回】 秩父・長瀞と馬場移公子
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第24回】近恵
  10. 【春の季語】雁帰る

Pickup記事

  1. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第14回】
  3. パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子【季語=薄暑(夏)】
  4. 父の日やある決意してタイ結ぶ 清水凡亭【季語=父の日(夏)】
  5. 姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ 宇多喜代子【季語=夏木(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦
  7. 【冬の季語】寒さ
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  9. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
  10. 【夏の季語】泉
PAGE TOP